"BoundColumn/連結列" プロパティ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

適用対象

ComboBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

リスト ボックスまたはコンボ ボックスから選択する場合は、BoundColumn プロパティで Microsoft Office Access 2007 にコントロールの値として使用する列の値を通知します。コントロールがフィールドにバインドされている場合は、BoundColumn プロパティで指定された列の値は ControlSource プロパティで名前を付けられたフィールドに格納されます。Long 型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.BoundColumn

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

設定

BoundColumn プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

0

列の値ではなく、ListIndex プロパティ値が現在のレコードに格納されます。最初の行の ListIndex プロパティ値は 0 となり、2 番目の行は 1 と続きます。項目がリスト ボックスまたはコンボ ボックスのリスト ボックス部分から選択された場合、Access は ListIndex プロパティを設定します。BoundColumn プロパティを 0 に設定して、コントロールの ListIndex プロパティ値を使用すると便利な場合があります。たとえば、シーケンス番号の格納にのみ関心がある場合に便利です。

1 以上

(既定値は 1) 指定された列の値が、コントロールの値になります。コントロールがフィールドにバインドされた場合、この設定は現在のレコードのそのフィールドに格納されます。BoundColumn プロパティは、ColumnCount の設定より大きい値に設定することはできません。


コントロールのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用して、BoundColumn プロパティを設定することができます。

テーブル フィールドについては、DisplayControl プロパティが [コンボ ボックス] または [リスト ボックス] に設定されたフィールドに対して、テーブル デザイン ビューの [フィールド プロパティ] セクションの [ルックアップ] タブでこのプロパティを設定できます。

ヒント

テーブル デザイン ビューでフィールドのデータ型としてルックアップ ウィザードを選択すると、Access では自動的に BoundColumn プロパティを設定します。

Visual Basic for Applications (VBA) コードでは、数値または 0 から ColumnCount プロパティの設定値までの値に等しい数値式を使用して、BoundColumn プロパティを設定します。

解説

コンボ ボックスで表示されている列のうち一番左の列 (コンボ ボックスの ColumnWidths プロパティの一番左の列の設定は 0 ではありません) には、フォーム ビューまたはレポートのコンボ ボックスのテキスト ボックス部分に表示されるデータが含まれます。BoundColumn プロパティでは、選択するときに格納される、テキスト ボックスまたはコンボ ボックス リストの列の値を決定します。これにより、コントロールの値として格納するものとは異なる、さまざまなデータを表示できます。

注: 連結列がコントロールで表示されている列の一番左の列と異なる場合 (または、BoundColumn プロパティを 0 に設定している場合)、LimitToList プロパティは [はい] に設定されます。

Access では、Column プロパティの列を参照するために、0 から始まる数値を使用します。つまり、最初の列は式 Column(0) を使用して参照され、2 番目の列は式 Column(1) と続きます。ただし、BoundColumn プロパティは、列を参照するために 1 から始まる番号を使用します。つまり、BoundColumn プロパティが 1 に設定された場合、式 Column(0) を使用して列に格納された値にアクセスできます。

AutoExpand プロパティが [はい] に設定されている場合、Access では、入力すると、コンボ ボックス リストの値に一致するコンボ ボックスのテキスト ボックス部分に自動的に値が入力されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×