"AutoTab/自動タブ" プロパティ

適用対象

TextBox オブジェクト

AutoTab プロパティを使用すると、テキスト ボックス コントロールの定型入力が入力されたときに、自動タブが発生するか指定できます。自動タブは、フォームのタブ オーダーで、フォーカスを次のコントロールに移動します。ブール型の値の取得および設定が可能です。

expression.AutoTab

expression は必須です。[対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

設定

AutoTab プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

はい

True

テキスト ボックスに入力できる最後の文字が入力されたときに、タブを生成します。

No

False

(既定値) テキスト ボックスに入力できる最後の文字が入力されたときに、タブを生成しません。


このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

コントロールの既定のコントロール スタイルまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用して、このプロパティの既定値を設定できます。

AutoTab プロパティは、フォーム ビューとデータシート ビューのいずれのタブの動作にも影響を与えます。

解説

コントロールの定型入力を作成するには、InputMask プロパティを使用します。

フォームの基になるテーブルまたはクエリのフィールドの InputMask プロパティを設定すると、フィールドにバインドされているテキスト ボックス コントロールの定型入力を作成することもできます。フィールド リストからフォームにフィールドがドラッグされている場合、フィールドの定型入力はテキスト ボックス コントロールから継承されます。

各レコードの最大数の文字を通常入力するフォームにテキスト ボックスがある場合、AutoTab プロパティを使用することができます。最大数の文字を入力したら、フォーカスはタブ オーダーで自動的に次のコントロールに移動します。たとえば、このプロパティは、常に 5 文字にする必要がある CategoryType フィールドに使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×