.accdb ファイル形式にデータベースを変換する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、Access 2010 および Access 2007 では、データベースが .accdb ファイル形式で作成されます。これは一般に Access 2007 ファイル形式と呼ばれます。この形式では、複数値を持つフィールド、データ マクロ、Access Services への発行など、より新しい機能がサポートされています。Microsoft Office Access 2003、Access 2002、Access 2000、または Access 97 で作成されたデータベースを .accdb ファイル形式に変換できます。ただし、.accdb ファイル形式のデータベースは、Access 2007 より前のバージョンの Access を使用して開いたりリンクしたりすることはできません。また、.accdb 形式では、レプリケーションやユーザー レベルのセキュリティもサポートされなくなります。Access 2003 以前のバージョンを使用するユーザーとデータベースを共有する必要がある場合や、レプリケーションまたはユーザー レベルのセキュリティを使用する必要がある場合は、.mdb ファイル形式を使用する必要があります。

注: 

同じファイル形式を共有していても、Access 2010 の新機能の一部は Access 2007 では使用できません。詳細については、「Access 2010 で作成または変更されたデータベースを Access 2007 を使用して開く 」を参照してください。

この記事の内容

Access 2000 または Access 2002 - 2003 データベースを .accdb 形式に変換する

Access 97 データベースを .accdb 形式に変換する

Access 2010 で作成または変更されたデータベースを Access 2007 を使用して開く

Access 2000 または Access 2002 - 2003 データベースを .accdb 形式に変換する

Access 2000 または Access 2002 - 2003 データベース (.mdb) を .accdb ファイル形式に変換するには、まず Access 2007 または Access 2010 を使用してデータベースを開いてから、.accdb ファイル形式で保存する必要があります。

  1. [ファイル] タブの [開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、変換する Access 2000 または Access 2002 - 2003 データベース (.mdb) を選択して開きます。

    注: [データベースの拡張] ダイアログ ボックスが表示される場合、データベースは Access 2000 より前のファイル形式を使用しています。続行するには、「Access 97 データベースを .accdb 形式に変換する」を参照してください。

  3. [ファイル] タブの [保存して発行] をクリックし、[データベース ファイルの種類] で [Access データベース] をクリックします。

  4. [名前を付けて保存] をクリックします。

    [名前を付けて保存] を使用するときにデータベース オブジェクトが開いていると、コピーを作成する前にそれらのデータベース オブジェクトを閉じるように求めるメッセージが表示されます。[はい] をクリックするとオブジェクトが閉じ、[いいえ] をクリックすると処理全体が取り消されます。必要に応じて、変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。

  5. [名前をつけて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

    Access はデータベースのコピーを作成し、コピーされたデータベースが開きます。元のデータベースは自動的に閉じます。

ページの先頭へ

Access 97 データベースを .accdb 形式に変換する

Access 97 データベース (.mdb) を新しいファイル形式 (.accdb) に変換するには、次の手順を使用します。

  1. Access 2010 で、[ファイル] タブの [開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、変換する Access 97 (.mdb) データベースを選択して開きます。

  3. データベースの拡張] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

    .Accdb ファイル形式のデータベースのコピーが作成され、自動的に元のデータベースを閉じます。

注: この手順で作成された .accdb ファイルは、Access 2007 より前のバージョンの Access では使用できません。

ページの先頭へ

Access 2010 で作成または変更されたデータベースを Access 2007 を使用して開く

Access 2010 と Access 2007 では、同じファイル形式を使用しているため Access 2007 を使用して Access 2010 で最初に名前を付けて保存] コマンドを使用せずに作成されたデータベースを開くことができます。ただし、Access 2010 には、Access 2010 を実行する必要があるいくつかの新機能が含まれています。機能によって Access 2007 でデータベースを使用しようとしたときに発生する次のいずれか可能性があります。

  • 新機能を使用するオブジェクトを変更できない。

  • 新機能を使用するオブジェクトを開くことができない。

  • Access 2007 でデータベースをまったく開くことができない。

Access 2007 と互換性の問題の原因となる Access 2010 の機能の完全な一覧については、「 Access 2010 と Access 2007 の下位互換性」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×