[Web 会議のプロパティ] : [会議のコンプライアンス]

[会議のコンプライアンス] タブを使用して、Web 会議の会議コンプライアンスを有効にします。

[会議のコンプライアンスを有効にする]

この Web 会議サーバーを使用して実行される会議に規制の遵守のための設定を適用するには、このチェック ボックスをオンにします。

[コンプライアンスに違反する場合は会議をシャットダウンする]

会議コンプライアンスに従えない場合に会議をシャットダウンするには、このチェック ボックスをオンにします。

[会議コンプライアンス ログの場所]

コンテンツ コンプライアンスのログを書き込むフォルダを指定します。

注: このフォルダは、サーバー展開プロセスの前提要件として作成するフォルダです。詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」を参照してください。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

組織によっては、法令遵守のために、すべての通信内容を保存するよう要求されているため、会議コンプライアンスを有効にします。このような組織では通常、会議の内容が会議コンプライアンス フォルダにアーカイブできない場合は、Office Communications Server がホストしている会議をシャットダウンするよう、会議コンプライアンスを設定します。このような場合にサーバーをシャットダウンするように設定することで、会議コンテンツがアーカイブされることなく表示される状況が回避されます。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×