[WBS 番号] フィールド

[WBS] フィールドには、ワーク ブレークダウン ストラクチャ (WBS) 番号が含まれます。これは、プロジェクトの階層構造における関連タスクの位置を表すために使用できる英数字のコードです。WBS 番号は、アウトライン番号と似ていますが、WBS 番号は編集したり、特定の WBS 形式 (マスク) を適用できる点が異なります。WBS 番号も一意ですが、タスクごとに WBS 番号を 1 つだけ持てます。

[WBS] フィールドには複数のカテゴリがあります。

データ型   テキスト

[WBS 番号] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    既定の WBS 番号は、タスクのアウトライン番号です。独自のカスタム WBS 番号に入力することも形式を定義することもできます。WBS 番号を入力した場合、いつでも変更できます。WBS 番号を消去すると、フィールド値はアウトライン番号に戻ります。WBS 番号形式 (マスク) を定義すると、Microsoft Office Project によってタスクのアウトライン レベルと WBS コード マスクに対応する値が [WBS] フィールドに入力されます。定義した WBS コード マスクと一致する WBS 番号のみを入力することができます。

使用のポイント    [WBS] フィールドの使用は、会社でプロジェクト管理のために特定の WBS 番号システムを使用している場合に最も役立ちます。タスクの WBS 番号を表示、入力、変更する場合は、[WBS] フィールドをタスク ビューに追加します。

    部署で使用している WBS コード マスクを使用してプロジェクトを設定していて、WBS 番号とすべてのタスクを参照するレポートを表示して印刷したい場合、[WBS] フィールドを [タスク シート] ビューに追加します。

解説    WBS コード マスクを設定するには、[プロジェクト] メニューの [WBS] をポイントし、[コードの定義] をクリックします。[WBS 番号の定義] ダイアログ ボックスを使用して、さまざまなレベルのコード マスクを設定して、該当のプレフィックスを WBS 番号に入力します。

[WBS 番号] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    Microsoft Office Project によって、関連タスクの WBS 番号に基づいて割り当ての WBS 番号が割り当てられます。既定の WBS 番号は、タスクのアウトライン番号です。

使用のポイント    タスクの割り当てに関する WBS 番号を表示する場合は、[タスク​​配分状況] または [リソース​​配分状況] ビューに [WBS] の割り当てフィールドを追加します。これは番号でタスクを特定することにも役立ちます。

    割り当ての進捗状況を報告する際に、タスク名ではなく、WBS 番号を使用したい場合に、[WBS] フィールドを [リソース配分状況] ビューに追加します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×