"Visible/可視" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Application オブジェクト

DataAccessPage オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Report オブジェクト

BoundObjectFrame オブジェクト

Form オブジェクト

OptionButton オブジェクト

Section オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Image オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

SubForm オブジェクト

ComboBox オブジェクト

Label オブジェクト

Page オブジェクト

TabControl コレクション

CommandButton オブジェクト

Line オブジェクト

PageBreak オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ListBox オブジェクト

Rectangle オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

Application オブジェクトで使用する場合は、Microsoft Office Access 2007 アプリケーションを最小化するかどうかを指定できます。フォーム、レポート、フォームまたはレポートのセクション、データ アクセス ページ、およびコントロールでは、"Visible/可視" プロパティを使って表示と非表示を切り替えることができます。フォーム上の情報を表示せず、これらの情報にアクセスするときに、このプロパティを使うと便利です。たとえば、フォームのコントロールを非表示にし、その値をクエリの抽出条件として使うことができます。このプロパティでは値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。オブジェクトが表示または最小化されているときは True、表示または最小化されていないときは False です。

expression.Visible

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

Application オブジェクトの場合

  • Visual Basic Applications (VBA) コードを使用してのみ、アプリケーションのオブジェクトのVisibleプロパティを設定できます。

  • アプリケーションがユーザーによって起動されるときは、Application オブジェクトの Visible プロパティと UserControl プロパティの両方が True に設定されます。UserControl プロパティが True に設定されている場合、オブジェクトの Visible プロパティを False に設定することはできません。

  • 以前は OLE オートメーションと呼ばれていたオートメーションを使って Application オブジェクトが作成されると、オブジェクトの Visible プロパティと UserControl プロパティの両方が False に設定されます。

他のオブジェクトの場合

  • このプロパティは、オブジェクトのプロパティ シート (改ページを除くすべてのコントロールとセクション)、マクロ、または Visual Basic を使って設定できます。

  • フォーム、レポート、データ アクセス ページの "Visible/可視" プロパティは、マクロまたは VBA を使用して設定します。

  • コントロールの場合は、既定のコントロール スタイルまたは VBA の DefaultControl プロパティを使って、このプロパティの既定の値を設定できます。

  • "Visible/可視" プロパティは、データシート ビューの列に影響を与えません。列をデータシート ビューに表示するかどうかを指定するには、ColumnHidden プロパティを使います。

  • 印刷時にオブジェクトを非表示にするには、"DisplayWhen/表示対象" プロパティを使います。

  • Current イベントが発生したときに実行されるマクロまたはイベント プロシージャで "Visible/可視" プロパティを使うと、フォームまたはレポートのコントロールを非表示にすることができます。たとえば、売上報告書の売上合計に応じて社員の月間売上合計の横に "目標達成" のメッセージを表示したり、表示しないようにしたりすることができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×