"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

すべてのフィールドの値が重複していないレコードのみを返すかどうかを示します。クエリにあるフィールドだけでなく、データ ソースのすべてのフィールドが対象になります。

注: 追加するには、のみUniqueRecordsプロパティが適用されるアクション クエリをテーブル作成クエリを選択します。

設定値

"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

説明

Yes/はい

重複しているレコードを返しません。

No/いいえ

重複しているレコードを返します。(既定値)


"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティは、クエリのプロパティ シート、またはクエリ ウィンドウの SQL ビューで設定できます。

注: SQL ステートメントを使用して新しいクエリを作成する場合は、このプロパティを設定します。DISTINCTROW 述語がUniqueRecordsプロパティ設定に対応しています。重複しない値の述語はUniqueValuesプロパティ設定に対応しています。

解説

"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティは、重複したフィールドだけでなく、重複したレコード全体のデータを省略する場合に使用できます。フィールドの値が、他のレコードにある同じフィールドの値と異なる場合に限り、Microsoft Office Access 2007 はそのレコードは固有であると見なします。

"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティは、クエリで 2 つ以上のテーブルを使って、フィールドを選択する場合にのみ有効です。クエリに含まれるテーブルが 1 つだけの場合、"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティの設定は無視されます。

"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティと "UniqueValues/固有の値" プロパティの両方を [Yes/はい] に設定することはできません。たとえば、"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティを [Yes/はい] に設定すると、"UniqueValues/固有の値" プロパティは自動的に [No/いいえ] に設定されます。ただし、これらのプロパティの両方を [No/いいえ] に設定することはできます。両方のプロパティを [No/いいえ] に設定すると、すべてのレコードが返されます。

使用例

次の使用例では、[受注] テーブルに 1 件以上の受注がある得意先の一覧が [得意先] テーブルから返されます。

[得意先] テーブル

得意先名

顧客 ID

喫茶たいむましん

1

小料理なんごく

2

割烹ふじい

3

海鮮料理くじら

4


[受注] テーブル

顧客 ID

受注 ID

1

10698

2

10512

2

10725

4

10763

4

10408


次の SQL ステートメントは、その下の表の得意先の名前を返します。

SELECT DISTINCTROW Customers.CompanyName, Customers.CustomerID
FROM Customers INNER JOIN Orders
ON Customers.CustomerID = Orders.CustomerID;

返される得意先名

顧客 ID

喫茶たいむましん

1

小料理なんごく

2

海鮮料理くじら

4


注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×