"UniqueRecords/固有のレコード" プロパティ

UniqueRecords プロパティを使用し、クエリ自体に存在するフィールドだけでなく、基盤となっているデータ ソースのすべてのフィールドに基づいて一意のレコードのみを返すかどうかを指定できます。

注: UniqueRecords プロパティは、追加アクション クエリ、表作成アクション クエリ、選択クエリにのみ適用されます。

設定

UniqueRecords プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

Yes

重複するレコードを返しません。

No

(既定値) 重複するレコードを返します。


クエリのプロパティ シートまたは クエリ ウィンドウ の SQL ビュー に UniqueRecords プロパティを設定できます。

注: SQL ステートメントを使用して新しいクエリを作成するとき、このプロパティを設定します。述語の DISTINCTROW は、UniqueRecords プロパティ設定に対応します。述語の DISTINCT は、UniqueValues プロパティ設定に対応します。

解説

重複するフィールドだけでなく、重複するレコード全体に基づいてデータを省略するとき、UniqueRecords プロパティを使用できます。Microsoft Office Access 2007 では、あるレコードの 1 つのフィールドの値が別のレコードの同じフィールドの値と異なる限り、レコードは一意であると見なされます。

UniqueRecords プロパティは、クエリで複数のテーブルを使用し、クエリで使用されるテーブルからフィールドを選択するときにのみ有効になります。UniqueRecords プロパティは、クエリにテーブルが 1 つしか含まれない場合は無視されます。

UniqueRecords プロパティと UniqueValues プロパティは、一度にいずれかのみを [はい] に設定できるという点で関連しています。UniqueRecords を [はい] に設定すると、Access では UniqueValues が自動的に [いいえ] に設定されます。ただし、両方を [いいえ] に設定することは可能です。両方のプロパティを [いいえ] に設定すると、すべてのレコードが返されます。

この例のクエリでは、[受注] テーブルに少なくとも 1 つの注文が入っている [顧客] テーブルから顧客の一覧が返されます。

[顧客] テーブル

会社名

得意先コード

Ernst Handel

ERNSH

Familia Arquibaldo

FAMIA

FISSA Fabrica Inter.Salchichas S.A.

FISSA

Folies gourmandes

FOLIG


[受注] テーブル

得意先コード

受注 ID

ERNSH

10698

FAMIA

10512

FAMIA

10725

FOLIG

10763

FOLIG

10408


次の SQL ステートメントは、次のテーブルの顧客名を返します。

SELECT DISTINCTROW Customers.CompanyName, Customers.CustomerID
FROM Customers INNER JOIN Orders
ON Customers.CustomerID = Orders.CustomerID;

返される顧客

得意先コード

Ernst Handel

ERNSH

Familia Arquibaldo

FAMIA

Folies gourmandes

FOLIG


Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×