[UML モデル図] テンプレートでのシステム モデルについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[UML モデル図] テンプレートを開くと、モデリング環境が開き、既に配置されているモデルが表示されます。

"モデル エクスプローラーには、システム全体からパッケージ、さらにはデータ型に至る UML モデルの階層ビューが表示されます。"

[UML モデル エクスプローラ] のツリー ビューは、システム モデル全体を表します。作成する図表はモデルのビューです。

  • 現在モデリングしているシステムを表します。モデルを追加するには、[UML] メニューの [モデル] をクリックします。

  • システムの 1 つのモデルまたは抽象化を示します。この場合は静的構造モデルを表しています。ツリー ビューのアイコンの名前を変更するには、アイコンの文字を 1 回クリックして、もう一度クリックします。新しい名前を入力します。

  • 静的構造モデルの最上位パッケージを表します。パッケージはコンテナであり、このパッケージには静的構造モデルの全要素が格納されます。

  • 図表を表し、アイコンと同じ名前の図面ページに対応しています。図面ページを表示するには、そのアイコンをダブルクリックします。

  • 既定では、新規モデルには一般的なデータ型を格納する複数のパッケージが表示されます。またユーザー独自のデータ型を含んだパッケージも作成できます。

  • パッケージの内容を表示するには、プラス (+) 記号をクリックします。パッケージの内容を表示しない場合は、マイナス (-) 記号をクリックします。

    システム モデルを表示せずに [UML モデル図] テンプレートで作業を行う場合は、[UML モデル エクスプローラ] を非表示にします。[UML モデル エクスプローラ] の表示/非表示を切り替えるには、[UML] メニューの [表示] をポイントし、[モデル エクスプローラ] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×