"Top/上位置" プロパティ

対象

BoundObjectFrame オブジェクト

Image オブジェクト

OptionButton オブジェクト

Report オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Label オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

SubForm オブジェクト

ComboBox オブジェクト

Line オブジェクト

Page オブジェクト

TabControl コレクション

CommandButton オブジェクト

ListBox オブジェクト

PageBreak オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Rectangle オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

フォームまたはレポート上のオブジェクトの位置を示します。このトピックの対象となるオブジェクトのうち、Report オブジェクトを除くすべてのオブジェクトで整数型 (Integer) の値を使用します。値の取得および設定が可能です。Report オブジェクトでは長整数型 (Long) の値を使用します。値の取得のみ可能です。

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

コントロールの位置は、そのコントロールの左側境界線または上側境界線から、そのコントロールが配置されているセクションの左端または上端までの距離で表されます。"Top/上位置" プロパティを 0 に設定すると、コントロールは、その端がセクションの上端に密着するように配置されます。Windows のコントロール パネルの [地域のオプション] ダイアログ ボックスでの設定と異なる長さの単位を使う場合は、cm や in などの単位を付けて指定します (3 cm や 2 in など)。

Visual Basic でこのプロパティを設定するには、数値式を使います。値の単位は twip です。

コントロールの場合、このプロパティを設定するには、コントロールのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使います。

コントロールを移動すると、"Top/上位置" プロパティの新しい設定値がプロパティ シートに自動的に入力されます。フォームまたはレポートを印刷プレビューで表示するとき、またはフォームを印刷するときのコントロールの位置は、レポートの余白の設定値 ([ページ レイアウト] タブの [余白] をクリックすると設定可能) と "Top/上位置" プロパティの設定値に従って決定されます。

レポートの場合、"Top/上位置" プロパティの設定値は、現在のセクションがページの上端からどれぐらい移動しているかを示します。このプロパティの設定値は twip 単位で表示されます。このプロパティを使用して、セクションの Format イベント プロシージャでセクションが印刷される位置を指定できます。

使用例

次の使用例では、カレント レポートの "Top/上位置" プロパティの設定値をチェックしています。その値が最小余白の設定値より小さい場合は、NextRecord プロパティおよび PrintSection プロパティが False に設定されます。セクションは次のレコードの処理に進まず、次のセクションは印刷されません。

Sub Detail1_Format(Cancel As Integer, _
FormatCount As Integer)
Const conTopMargin = 1880
' "Top/上位置" プロパティの設定値が 1,880 twip よりも小さい場合は、
' 次のレコードの処理や次のセクションの印刷は行われません。
If Me.Top < conTopMargin Then
Me.NextRecord = False
Me.PrintSection = False
End If
End Sub
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×