"TimerInterval/タイマ間隔" プロパティ

対象

Form オブジェクト

フォームの Timer イベントの間隔をミリ秒単位で示します。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

expression.TimerInterval

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

"TimerInterval/タイマ間隔" プロパティの設定値は、0 ~ 2,147,483,647 までのLong データ型 の値です。

このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使います。

注: VBA を使う場合は、フォームの Load イベント プロシージャで設定します。

"TimerInterval/タイマ間隔" プロパティで指定された間隔で VBA のコードを実行するには、フォームの Timer イベント プロシージャにコードを配置します。たとえば、30 秒ごとにレコードを再クエリするには、フォームの Timer イベント プロシージャにレコードを再クエリするコードを配置して、"TimerInterval/タイマ間隔" プロパティを 30000 に設定します。

使用例

次の使用例は、ボタンのアイコンを表示/非表示にする操作を繰り返して、フォームに点滅するボタンを作成する方法を示しています。フォームの Load イベント プロシージャで、フォームの "TimerInterval/タイマ間隔" プロパティを 1000 に設定しているため、アイコンは 1 秒ごとに点滅します。

Sub Form_Load()
Me.TimerInterval = 1000
End Sub
Sub Form_Timer()
Static intShowPicture As Integer
If intShowPicture Then
' アイコンを表示します。
Me!btnPicture.Picture = "C:\Icons\Flash.ico"
Else
' アイコンを非表示にします。
Me!btnPicture.Picture = ""
End If
intShowPicture = Not intShowPicture
End Sub
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×