"RemoveTempVar/一時変数の削除" マクロ アクション

SetTempVar アクションを使用して作成した単一の一時変数を削除するには、Access デスクトップ データベースの RemoveTempVar マクロ アクションを使用します。

設定

RemoveTempVar マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

Name

削除する一時変数の名前を入力します。

解説

  • 一度に最大 255 個の一時変数を定義することができます。一時変数は削除しないと、データベースを終了するまでメモリ内に残ります。使用を終えた一時変数は、削除することをお勧めします。

  • Access では、データベースまたはプロジェクトを閉じると、すべての一時変数が自動的に削除されます。

  • 削除する変数名のスペルを間違って入力しても、Access はエラーを表示しません。削除しようとした変数は、データベースを終了するまでメモリ内に残ります。

  • 作成した一時変数が複数存在し、それらを一度にすべて削除する場合は、RemoveAllTempVars アクションを使用します。

  • VBA モジュール内の RemoveTempVar アクションを実行するには、TempVars オブジェクトの Remove メソッドを使用します。

次のマクロは、一時変数の作成方法、条件およびメッセージ ボックスでの一時変数の使用方法、RemoveTempVar アクションを使用した一時変数の削除方法を例示しています。

条件

アクション

引数

SetTempVar

名前:MyVar

:InputBox("0 以外の数値を入力")

[TempVars]![MyVar]<>0

MsgBox

メッセージ: ="入力内容 " & [TempVars]![MyVar] & "."

警告音: はい

メッセージの種類: 情報

RemoveTempVar

名前:MyVar

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×