"RecordSource/レコードソース" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

フォームまたはレポートのデータ ソースを示します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

expression.RecordSource

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

設定値は、テーブル名、クエリ名、または SQL ステートメントです。次に設定値の例を示します。

設定例

説明

[社員]

データ ソースとして [社員] テーブルを指定するテーブル名。

SELECT Orders!OrderDate FROM Orders;

データ ソースとして [受注] テーブルの [受注日] フィールドを指定する SQL ステートメント。コントロールの "ControlSource/コントロールソース" プロパティを [受注日] に設定すると、フォームまたはレポートのコントロールに [受注] テーブルの [受注日] フィールドを連結できます。


注: For Applications (VBA) コードのフォームまたはレポートのプロパティ シート、 マクロ、または Visual Basic を使用して、レコード ソース] プロパティを設定することができます。

VBA でこのプロパティを設定するには、文字列式を使います。

注: 開いているフォームやレポートのレコード ソースを変更すると、基になるデータの再クエリが自動的に行われます。フォームの Recordset プロパティを実行時に設定すると、そのフォームの "RecordSource/レコードソース" プロパティが更新されます。

フォームやレポートを作成した後に、"RecordSource/レコードソース" プロパティを変更すると、基になるデータを変更できます。"RecordSource/レコードソース" プロパティは、再使用可能なフォームやレポートを作成するときにも効果的です。たとえば、あるフォームをコピーし、そのフォームの "RecordSource/レコードソース" プロパティを変更すると、同じ形式のフォームに異なるテーブル、クエリ、または SQL ステートメントのデータを表示することができます。

フォームのレコード ソースに含まれるレコード数を制限すると、特にアプリケーションがネットワーク上で稼働している場合、処理効率を向上させることができます。たとえば、フォームの "RecordSource/レコードソース" プロパティを単一レコードを返す SQL ステートメントに設定しておくと、ユーザーが選択する抽出条件によってフォームのレコード ソースを変更できます。

使用例

次の使用例では、フォームの "RecordSource/レコードソース" プロパティを [得意先] テーブルに設定します。

Forms!frmCustomers.RecordSource = "Customers"

次の使用例では、[得意先名] コンボ ボックス コントロールで選択された得意先名によって、フォームのレコード ソースを [得意先] テーブルの 1 つのレコードに変更します。このコンボ ボックスは、得意先名に対応する得意先コードを返す SQL ステートメントで構成されます。[得意先コード] フィールドのデータは、テキスト型 (Text) です。

Sub cmboCompanyName_AfterUpdate()
Dim strNewRecord As String
strNewRecord = "SELECT * FROM Customers " _
& " WHERE CustomerID = '" _
& Me!cmboCompanyName.Value & "'"
Me.RecordSource = strNewRecord
End Sub

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×