[RBS] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[RBS] フィールドには、UBS (User Breakdown Structure) とも呼ばれる RBS (Resource Breakdown Structure) が表示されます。[RBS] フィールドは、プロジェクト内のリソースの階層構造または組織構造を表すために定義された英数字コードが格納されているフィールドです。このフィールドは、特に RBS で使用される、エンタープライズ リソース アウトライン コードです。

[RBS] フィールドには 2 つのカテゴリがあります。

データ型   アウトライン コード

[Rbs] (リソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    RBS コードは、プロジェクト管理者のリーダーまたは管理者権限を持つユーザーが定義します。その後、RBS 値がエンタープライズ リソースに割り当てられ、 組織全体のすべてのユーザーが [RBS] フィールドと関連する値を使用できるようになります。

使用のポイント    プロジェクト管理者のリーダーは、[RBS] フィールドを使用して、プロジェクト管理者に従業員が作業しているプロジェクトおよびリソース自体の情報に対する権限を付与できます。

プロジェクト管理者およびリソース管理者は、リソースの切り替えウィザードおよびポートフォリオ モデルで [RBS] フィールドを使用でき、特定の RBS レベルまたはその下位レベルのリソースを要求できます。これにより、プロジェクトのタスクで使用できるリソース共有元が定義されます。[RBS] フィールドは、リソース ビューに挿入できます。組織の階層構造を確認するために、RBS によってリソースをグループ化することもできます。

使用例    あなたがプロジェクト管理者のリーダーだとします。社内で、RBS コードを使用してすべてのリソースの組織構造を表すことが決定しました。エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックアウトし、RBS アウトライン コードのすべての値の参照テーブルを定義します。その後、人事部の管理者がすべてのリソースに RBS 値を割り当てます。再度エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックインして、すべてのユーザーが [RBS] フィールドと関連する値を使用できるようにします。

プロジェクト管理者として、新しく [RBS] フィールドを使用するとします。このフィールドをリソース シートに追加すると、組織構造によってグループ化されたリソースを表示し、構造に基づいて要約情報を取得できます。プロジェクト内の標準リソースを実際のリソースに置き換えるとき、またはポートフォリオ モデルを使用するときにも、RBS を使用できます。

解説    プロジェクト管理者のリーダーなどのエンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限を持つユーザーだけが、エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックアウトし、[RBS] フィールドなどの項目を編集できます。定義とチェックインが完了すると、組織全体のすべてのユーザーが [RBS] フィールドを表示することができます。

[Rbs] (割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    RBS コードは、プロジェクト管理者のリーダーまたは管理者権限を持つユーザーが定義します。その後、RBS 値がエンタープライズ リソースに割り当てられ、 組織全体のすべてのユーザーが [RBS] フィールドと関連する値を使用できるようになります。

使用のポイント    プロジェクト管理者のリーダーは、[RBS] フィールドを使用して、プロジェクト管理者に従業員が作業しているプロジェクトおよびリソース自体の情報に対する権限を付与できます。

プロジェクト管理者およびリソース管理者は、リソースの切り替えウィザードおよびポートフォリオ モデルで [RBS] フィールドを使用でき、特定の RBS レベルまたはその下位レベルのリソースの割り当てを要求できます。これにより、プロジェクトのタスクで使用できるリソース グループが定義されます。[RBS] フィールドは、[タスク配分状況] または [リソース配分状況] ビューに挿入できます。割り当てのリソース階層構造を確認するために、RBS コードによって割り当てをグループ化することもできます。

使用例    あなたがプロジェクト管理者のリーダーだとします。社内で、RBS コードを使用してすべてのリソースの組織構造を表すことが決定しました。エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックアウトし、RBS アウトライン コードのすべての値の参照テーブルを定義します。その後、人事部の管理者がすべてのリソースに RBS 値を割り当てます。再度エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックインして、すべてのユーザーが [RBS] フィールドと関連する値を使用できるようにします。

プロジェクト管理者として、新しく [RBS] フィールドを使用するとします。このフィールドを [タスク配分状況] ビューに挿入すると、組織構造によってリソースをグループ化し、その構造に基づいて要約情報を取得できます。プロジェクト内の標準リソースを実際のリソースに置き換えるとき、またはポートフォリオ モデルを使用するときにも、RBS を使用できます。

解説    プロジェクト管理者のリーダーなどのエンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限を持つユーザーだけが、エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックアウトし、[RBS] フィールドなどの項目を編集できます。定義とチェックインが完了すると、組織全体のすべてのユーザーが [RBS] フィールドを表示することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×