"OrderBy/並べ替え" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

フォーム、クエリ、レポート、またはテーブルでのレコードの並べ替え方法を示します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

expression.OrderBy

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

"OrderBy/並べ替え" プロパティは、レコードを並べ替えるフィールドの名前を示す文字列式です。複数のフィールド名を指定する場合はコンマ (,) で区切ります。このプロパティを使用して並べ替えの指定を保存し、後で使用することができます。"OrderBy/並べ替え" プロパティの値は、そのプロパティを設定したオブジェクトに保存されます。オブジェクトを開くと、プロパティの値が自動的に読み込まれますが、自動的には適用されません。

1 つまたは複数のフィールド名を入力して、[並べ替え] プロパティを設定すると、レコードは昇順で並べ替えられます。同様に、Visual Basic for Applications (VBA) コードでは、既定での昇順にこれらのフィールドを並べ替えます。

レコードを降順で並べ替えるには、文字列式の最後に「DESC」と入力します。たとえば、得意先のレコードを得意先コードで降順に並べ替えるには、"OrderBy/並べ替え" プロパティを "得意先コード DESC" に設定します。

このプロパティを設定するには、オブジェクトのプロパティ シート、マクロ、または VBA を使用します。

レポートの場合、オブジェクトの "OrderBy/並べ替え" プロパティで指定した並べ替え順序を適用するためには、"OrderByOn/並べ替え適用" プロパティを [Yes/はい] に設定する必要があります。フォームの場合は、レコードの並べ替えの基となるフィールドを選択し、[ホーム] タブの [並べ替えとフィルタ] で、目的の並べ替え順序をクリックします。また、フォームまたはレポートの "OrderByOn/並べ替え適用" プロパティは、VBA を使用しても設定できます。

開いているレポートの "OrderBy/並べ替え" プロパティを設定すると、レポートの Close イベント プロシージャおよび Open イベント プロシージャが実行されます。

注: 新しいフォームまたはレポート オブジェクトを作成すると、そのオブジェクトの "RecordSource/レコードソース" プロパティは、基になるテーブルまたはクエリの名前に設定されます。また、新しいオブジェクトには、基になるテーブルまたはクエリのプロパティ "Filter/フィルタ"、"OrderBy/並べ替え"、および "OrderByOn/並べ替え適用" の設定が適用されます。フォームやレポートの場合、オブジェクトが開かれても、各プロパティで設定されたフィルタは自動的には適用されません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×