"OnDeactivate/非アクティブ時" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

フォームまたはレポートのプロパティ シートの [OnDeactivate/非アクティブ時] ボックスの値を示します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

expression.OnDeactivate

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

このプロパティを使用すると、あるイベントが発生したときの Microsoft Office Access 2007 の動作を変更することができます。たとえば、イベントの発生状況に応じて、次のイベントまでの間に式のパラメータを変更することや、イベント プロシージャから式またはマクロに切り替えることができます。

Deactivate イベントは、フォームまたはレポートがフォーカスを失い、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュール ウィンドウ、またはナビゲーション ウィンドウにフォーカスが移動するときに発生します。

"OnDeactivate/非アクティブ時" プロパティは、[ビルダの選択] ダイアログ ボックス (フォームまたはレポートのプロパティ シートで [OnDeactivate/非アクティブ時] ボックスの右側に表示される [...] (ビルド) ボタンをクリックすると表示されます) の設定に応じて、次のいずれかの値になります。

  • 式ビルダが選択されている場合、値は "=expression" になります。expression は、[式ビルダ] ダイアログ ボックスで設定した式です。

  • マクロ ビルダが選択されている場合、値はマクロ名になります。

  • コード ビルダが選択されている場合、値は "[Event Procedure]"/"[イベント プロシージャ]" になります。

[OnDeactivate/非アクティブ時] ボックスが空白の場合、"OnDeactivate/非アクティブ時" プロパティの値は空文字列になります。

使用例

次の使用例では、[受注入力] フォームで Deactivate イベントが発生すると [Deactivate_Macro] が実行されるように指定しています。

Forms("Order Entry").OnDeactivate = "Deactivate_Macro"

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×