[MultiSelect/複数選択] プロパティ

適用対象

ListBox オブジェクト

[MultiSelect/複数選択] プロパティを使用すると、ユーザーがフォームのリスト ボックスで複数の選択を行えるか、またどのように複数選択を行うかを指定できます。読み取り/書き込み可能なバイト型です。

expression.MultiSelect

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

"MultiSelect/複数選択" プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

なし

0

(既定値) 複数選択することは許可されていません。

Simple/標準

1

マウスでクリックするか、またはスペース バーを押して、複数の項目を選択、または選択を解除できます。

Extended/拡張

2

Shift キーを押しながらマウスでクリックするか、Shift キーを押しながら方向キーを押し、前に選択した項目から現在の項目まで選択肢を広げることで、複数の項目を選択できます。また、マウスのドラッグでも項目を選択できます。Ctrl キーを押しながら 1 つの項目をクリックすると、その項目を選択、または選択を解除できます。


注: [MultiSelect/複数選択] プロパティを設定するには、リスト ボックスのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

このプロパティは、フォームのデザイン ビューでのみ設定できます。

[ListIndex] プロパティを使用すると、選択した項目のインデックス番号を返すことができます。[MultiSelect/複数選択] プロパティが [Extended/拡張] または [Simple/標準] に設定されている場合、リスト ボックスの [Selected/選択] プロパティまたは ItemsSelected コレクションを使用して、選択されている項目を判断できます。さらに、[MultiSelect/複数選択] プロパティが [Extended/拡張] または [Simple/標準] に設定されている場合、リスト ボックス コントロールの値は常に Null になります。

[MultiSelect/複数選択] プロパティが [Extended/拡張] に設定されている場合、リスト ボックスを再クエリすると、ユーザーが行ったすべての選択はクリアされます。

使用例

[注文エントリ] フォームにある [国] というリスト ボックスで [MultiSelect/複数選択] プロパティの値を取得するには、次を使用できます。

Dim b As Byte
b = Forms("Order Entry").Controls("Country").MultiSelect

[MultiSelect/複数選択] プロパティの値を設定するには、次を使用できます。

Forms("Order Entry").Controls("Country").MultiSelect = 2 ' Extended.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×