"MultiRow/複数行タブ" プロパティ

適用対象

TabControl コレクション

"MultiRow/複数行タブ" プロパティを使用すると、タブ コントロールに複数行のタブが表示できるかどうかを指定または判別することができます。読み取り/書き込み可能なブール値です。

expression.MultiRow

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

"MultiRow/複数行タブ" プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

Yes/はい

True

複数行が使用できます。

No/いいえ

False

(既定) 複数行は使用できません。


注: "MultiRow/複数行タブ" プロパティを設定するには、コントロールのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

コントロールの既定のコントロール スタイルまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用して、このプロパティの既定値を設定することもできます。

"MultiRow/複数行タブ" プロパティが True に設定されている場合、行の数は、タブの幅と数によって決定されます。コントロールのサイズを変更した場合、またはコントロールにタブを追加した場合は、行数が変わる可能性があります。

"MultiRow/複数行タブ" プロパティが False に設定されている場合、タブの幅がコントロールの幅を超えると、移動ボタンがタブ コントロールの右側に表示されます。この移動ボタンを使って、タブ コントロールのすべてのタブをスクロールできます。

使用例

"Order Entry" フォームにある "Details" というタブ コントロールで "MultiRow/複数行タブ" プロパティの値を取得するには、次を使用できます。

Dim b As Boolean
b = Forms("Order Entry").Controls("Details").MultiRow

"MultiRow/複数行タブ" プロパティの値を設定するには、次を使用できます。

Forms("Order Entry").Controls("Details").MultiRow = True

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×