"HelpContextID/ヘルプコンテキストID" プロパティ

対象

BoundObjectFrame オブジェクト

Image オブジェクト

Page オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Label オブジェクト

Report オブジェクト

ComboBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

TabControl コレクション

CommandButton オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

OptionButton オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

Form オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

"HelpContextID/ヘルプコンテキスト ID" プロパティは、"HelpFile/ヘルプファイル" プロパティに指定した独自のヘルプ ファイルのトピックを識別するコンテキスト ID を示します。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

expression.HelpContextId

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

注: ヘルプ ファイルのコンテキスト ID に正の数を入力すると、ヘルプは "通常" のヘルプ ウィンドウに表示されます。コンテキスト ID の前に負符号 (-) を付けると、ヘルプ トピックはポップアップ ウィンドウに表示されます。Microsoft Help Workshop を使用してトピックを作成しているときには、コンテキスト ID に負の数を付ける必要がないので注意が必要です。ポップアップ ウィンドウに記事が表示されるようにこのプロパティを設定する場合は、負符号を付ける必要があります。

Microsoft Office Access 2007 で作成したフォーム、レポート、またはアプリケーションを説明するために、独自のヘルプ ファイルを作成することができます。

フォーム ビューで F1 キーを押すと、Microsoft Help Workshop または Microsoft HTML Help Workshop が呼び出され、フォームまたはレポートの "HelpFile/ヘルプファイル" プロパティの設定値に指定した独自のヘルプ ファイルが読み込まれ、"HelpContextID/ヘルプコンテキスト ID" プロパティの設定値に指定したヘルプ トピックが表示されます。

コントロールの "HelpContextID/ヘルプコンテキスト ID" プロパティの設定値が 0 (既定値) の場合は、フォームの "HelpContextID/ヘルプコンテキスト ID" と "HelpFile/ヘルプファイル" プロパティに指定されたヘルプ トピックが表示されます。フォーム ビュー以外のビューで F1 キーを押した場合や、フォームとコントロールの両方の "HelpContextID/ヘルプコンテキスト ID" プロパティの値が 0 に設定されている場合は、Access のヘルプ トピックが表示されます。

使用例

次の使用例では、Err オブジェクトの "HelpContext/ヘルプコンテキスト" プロパティを使用して、Visual Basic for Applications (VBA) ヘルプのオーバーフローに関するトピックを表示します。

Dim Msg
Err.Clear
On Error Resume Next
Err.Raise 6 ' オーバーフロー エラーを生成します。
If Err.Number <> 0 Then
Msg = "Press F1 or HELP to see " & Err.HelpFile & _
" topic for" & _
" the following HelpContext: " & Err.HelpContext
MsgBox Msg, , "Error: " & Err.Description, _
Err.HelpFile, Err.HelpContext
End If
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×