"Format/書式" プロパティ - 日付/時刻型

定義済みの日付と時刻に Format プロパティを設定したり、日付/時刻データ型にユーザー定義の書式を使用したりすることができます。

設定

定義済み書式

次の表に、日付/時刻データ型の定義済み Format プロパティの設定を示します。

設定

説明

日付 (標準)

(既定) 値が日付のみの場合、時刻は表示されません。値が時刻のみの場合、日付は表示されません。この設定は、[日付 (S)] と [時刻 (L)] を組み合わせたものです。

例: 4/3/93、05:34:00 PM、4/3/93 05:34:00 PM

日付 (L)

Windows の地域設定の [長い形式] 設定と同じです。

例: 1993 年 4 月 3 日土曜日

日付 (M)

例: 3-Apr-93

日付 (S)

Windows の地域設定の [短い形式] 設定と同じです。

例: 4/3/93

警告: 短い日付の設定では、00/1/1 ~ 29/12/31 の日付は 21 世紀の日付 (つまり 2000 ~ 2029 年) と見なされます。30/1/1 ~ 99/12/31 の日付は 20 世紀の日付 (つまり 1930 ~ 1999 年) と見なされます。

時刻 (L)

Windows の地域設定の [時刻] タブにある設定と同じです。

例: 5:34:23 PM

時刻 (M)

例: 5:34 PM

時刻 (S)

例: 17:34


ユーザー定義の書式

日付と時刻のユーザー定義の書式を作成するには、次の記号を使用できます。

記号

説明

: (コロン)

時刻の区切り文字。区切り文字は、Windows の地域設定で指定されます。

/

日付の区切り文字。

c

定義済み書式の [日付 (標準)] と同じです。

d

日を 1 桁または 2 桁の数字で表示します (1 から 31)。

dd

日を 2 桁の数字で表示します (01 から 31)。

ddd

曜日を英語の省略形 3 文字で表示します (Sun から Sat)。

dddd

曜日を英語のフル スペルで表示します (Sunday から Saturday)。

ddddd

定義済み書式の [日付 (S)] と同じです。

dddddd

定義済み書式の [日付 (L)] と同じです。

w

曜日を表す数字を表示します (1 から 7)。

ww

その日が 1 年のうちの何週目であるかを表示します (1 から 53)。

m

月を 1 桁または 2 桁の数字で表示します (1 から 12)。

mm

月を 2 桁の数字で表示します (01 から 12)。

mmm

月を英語の省略形 3 文字で表示します (Jan から Dec)。

mmmm

月を英語のフル スペルで表示します (January から December)。

q

年の四半期を表示します (1 から 4)。

y

その年の 1 月 1 日から何日目かを表示します (1 から 366)。

yy

西暦の下 2 桁を表示します (01 から 99)。

yyyy

西暦を 4 桁で表示します (0100 から 9999)。

h

時を 1 桁または 2 桁の数字で表示します (0 ~ 23)。

hh

時を 2 桁の数字で表示します (00 ~ 23)。

n

分を 1 桁または 2 桁の数字で表示します (0 ~ 59)。

nn

分を 2 桁の数字で表示します (00 ~ 59)。

s

秒を 1 桁または 2 桁の数字で表示します (0 ~ 59)。

ss

秒を 2 桁の数字で表示します (00 ~ 59)。

ttttt

定義済み書式の [時刻 (L)] と同じです。

AM/PM

12 時間制の時刻に、大文字の "AM" または "PM" を付加して表示します。

am/pm

12 時間制の時刻に、小文字の "am" または "pm" を付加して表示します。

A/P

12 時間制の時刻に、大文字の "A" または "P" を付加して表示します。

a/p

12 時間制の時刻に、小文字の "a" または "p" を付加して表示します。

AMPM

12 時間制の時刻に、Windows の地域設定で指定された午前/午後の識別子を付加して表示します。


ユーザー定義の書式は、Windows の地域設定で指定された設定に従って表示されます。Windows の地域設定で指定された設定と矛盾しているユーザー定義の書式は、無視されます。

注: ユーザー定義の書式にコンマやその他の区切り文字を追加する場合は、次のように区切り文字を引用符で囲みます: mmm d", "yyyy。

日付/時刻のユーザー定義の書式の例を次に示します。

設定

表示

ddd", "mmm d", "yyyy

Mon, Jun 2, 1997

mmmm dd", "yyyy

June 02, 1997

"週番号は "ww

週番号は 22

"今日は "dddd

今日は火曜日


ユーザー定義の書式を使って、正または負の入力された数値に応じて、年の前に "A.D."、または年の後に "B.C." を表示できます。このユーザー定義の書式が動作するかを確認するには、新しいテーブル フィールドを作成し、そのデータ型を "数値" に設定して、次のような書式を入力します。

"A.D. " #;# " B.C."

正の数は、年の前に "A.D." を付けた年として表示されます。負の数は、年の後に "B.D." を付けた年として表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×