"Format/書式" プロパティ - 数値型と通貨型

書式プロパティは、数値データ型と通貨データ型の定義済み数値書式またはユーザー設定の数値書式に設定できます。

設定

定義済み書式

次の表に、数値の定義済み書式プロパティの設定を示します。

設定

説明

数値

(既定値) 入力されたとおりに数値を表示します。

通貨

桁区切り文字を使用します。負の数値、小数点と通貨の記号、小数点以下の桁数については、Windows の地域の設定で指定されている設定に従います。

ユーロ

Windows の地域の設定で指定されている通貨記号に関係なく、ユーロ記号 ( ユーロ ) を使用します。

固定

最低 1 桁を表示します。負の数値、小数点と通貨の記号、小数点以下の桁数については、Windows の地域の設定で指定されている設定に従います。

標準

桁区切り記号を使用します。負の数値、小数点記号、小数点以下の桁数については、Windows の地域の設定で指定されている設定に従います。

パーセント

値に 100 を乗じてパーセント記号 (%) を付けます。負の数値、小数点記号、小数点以下の桁数については、Windows の地域の設定で指定されている設定に従います。

指数

標準的な指数表記を使用します。


ユーザー定義の書式

ユーザー定義の数値書式には 1 ~ 4 のセクションがあり、区切り記号としてセミコロン (;) が使用されます。 各セクションには、さまざまな数値の種類の書式指定が含まれます。

セクション

説明

1 番目

正の数値の書式。

2 番目

負の数値の書式。

3 番目

ゼロの値の書式。

4 番目

Null 値の書式。


たとえば、次のユーザー定義の通貨書式を使うことができます。

$#,##0.00[Green];($#,##0.00)[Red];"Zero";"Null"

この数値書式には 4 個のセクションがあってセミコロンで区切られており、セクションごとに別々の書式が使用されています。

複数のセクションを使うが、セクションごとには書式を指定しない場合、書式がないエントリは何も表示しないか、最初のセクションの書式が既定で使用されます。

ユーザー定義の数値書式は、次の記号を使って作成できます。

記号

説明

. (ピリオド)

小数点。 区切り記号は、Windows の地域の設定で指定されます。

, (カンマ)

桁区切り記号。

0

数字のプレースホルダー。 数字または 0 を表示します。

#

数字のプレースホルダー。 数字を表示するか何も表示しません。

$

リテラル文字 "$" を表示します。

%

パーセンテージ。 値に 100 を乗じてパーセント記号を付けます。

E- または e-

指数表記。負の指数の横にはマイナス記号 (-) が付き、正の指数の横には何も付きません。 この記号は、0.00E–00 や 0.00E00 のように、その他の記号と併用する必要があります。

E+ または e+

指数表記。負の指数の横にはマイナス記号 (-) が付き、正の指数の横にはプラス記号 (+) が付きます。 この記号は、0.00E+00 のように、その他の記号と併用する必要があります。


解説

小数点以下表示桁数プロパティを使って、書式プロパティに指定されている定義済み書式の小数点以下の桁数の既定の数値を無効にすることができます。

定義済みの通貨の書式とユーロの書式は、Windows の地域の設定に従います。 独自の通貨の書式を入力すると、この設定を無効にすることができます。

使用例

定義済みの数値書式の例を挙げます。

設定

データ

表示

数値

3456.789
–3456.789
$213.21

3456.789
–3456.789
$213.21

通貨

3456.789
-3456.789

$3,456.79
($3,456.79)

固定

3456.789
-3456.789
3.56645

3456.79
-3456.79
3.57

標準

3456.789

3,456.79

パーセント

3
0.45

300%
45%

指数

3456.789
-3456.789

3.46E+03
–3.46E+03


ユーザー定義の数値書式の例を挙げます。

設定

説明

0;(0);;"Null"

正の値は通常どおりに表示します。負の値はかっこで囲って表示します。値が Null である場合は、語句 "Null" を表示します。

+0.0;–0.0;0.0

プラス記号 (+) と正の数値、マイナス記号 (–) と負の数値を表示し、値が 0 である場合は、0.0 と表示します。


注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×