"Enabled/使用可能" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象アプリケーション

BoundObjectFrame オブジェクト

FormatCondition オブジェクト

Page オブジェクト

CheckBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

SubForm オブジェクト

ComboBox オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

TabControl コレクション

CommandButton オブジェクト

OptionButton オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

FormatCondition オブジェクトの条件付き書式の状態を示します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

expression.Enabled

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

備考

プロパティの設定は、条件付き書式を有効または無効になっているかどうかを示す値です。条件付き書式をtrueに使用できます。F書いてには、条件付き書式が無効になります。既定では、 True です

Enabledプロパティは利用可能なのみ Visual Basic for Applications (VBA) コードです。

有効プロパティが条件付き書式の条件付き書式] ダイアログ ボックスで表示することができます。条件付き書式ダイアログには、[デザイン] タブの [デザイン ビューで) または (レイアウト ビュー) で書式設定] タブの [条件付き[フォント]をクリックして使用可能なします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×