"EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信" マクロ アクション

Access デスクトップ データベースの ”EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信” マクロ アクションを使うと、指定した Access データシート、フォーム、レポート、またはモジュールを電子メール メッセージに組み込んで、表示および転送できます。

注: Access 2010 以降では、SendObject/オブジェクトの送信マクロ アクションの名前が EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信に変更されました。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

設定

”EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信” アクションには、次の引数があります。

アクションの引数

説明

オブジェクトの種類

メール メッセージに含めるオブジェクトの種類。マクロ デザイン ウィンドウの [アクションの引数] セクションの [オブジェクトの種類] ボックスで、[テーブル] (テーブルのデータシートの場合)、[クエリ] (クエリのデータシートの場合)、[フォーム] (フォームまたはフォームのデータシートの場合)、[レポート]、[モジュール]、[データ アクセス ページ]、[サーバー ビュー]、[ストアド プロシージャ]、または [関数] をクリックします。マクロ は送信できません。アクティブ オブジェクトを含める場合は、この引数でオブジェクトの種類を選びますが、”Object Name/オブジェクト名” 引数は指定しません。

オブジェクト名

メール メッセージに含めるオブジェクトの名前。[オブジェクト名] ボックスには、データベース中に存在するオブジェクトのうちで”Object Type/オブジェクトの種類” 引数で選んだ種類のオブジェクトがすべて表示されます。”Object Type/オブジェクトの種類” 引数と ”Object Name/オブジェクト名” 引数の両方を空白のままにした場合、Access はデータベース オブジェクトを含まないメッセージをメール アプリケーションに送信します。

ライブラリ データベースに ”EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信” アクションを含むマクロを実行した場合、Access は最初にライブラリ データベースでこの名前のオブジェクトを検索し、次に現在のデータベースで検索します。

出力ファイル形式

含まれるオブジェクトに対して使用する形式の種類。選択できる形式の一覧は、”Object Type/オブジェクトの種類” 引数の選択に応じて変化します。[出力ファイル形式] ボックスで使用できる形式としては、[Excel 97-2003 ブック (*.xls)]、[Excel バイナリ ブック (*.xlsb)]、[Excel ブック (*.xlsx)]、[HTML (*.htm、*.html)]、[Microsoft Excel 5.0/95 ブック (*.xls)]、[PDF 形式 (*.pdf)]、[リッチ テキスト形式 (*.rtf)]、[テキスト ファイル (*.txt)]、または [XPS 形式 (*.xps)] です。モジュールは、テキスト形式でのみ送信できます。データ アクセス ページは、HTML 形式でのみ送信できます。この引数を空白のままにすると、出力ファイル形式の指定を求められます。

注: Access 2007 を使っている場合は、PDF ファイル形式または XPS ファイル形式へのエクスポートは、アドインをインストールしないと実行できません。詳細については、「PDF および XPS ファイル形式のファイルを印刷、共有、および保護する」を参照してください。

宛先

メール メッセージの [宛先] 行に設定するメッセージ受信者の名前。この引数を空白のままにすると、受信者名の指定を求められます。

この引数 (および Cc 引数と Bcc 引数) で複数の受信者名を指定するには、セミコロン (;) または Microsoft Windows コントロール パネル地域の設定プロパティ ダイアログ ボックスの [数値] タブで設定されているリスト区切り文字で区切ります。メール アプリケーションが受信者の名前を特定できない場合、メッセージは送信されず、エラーが発生します。

Cc

メール メッセージの [CC] ("カーボン コピー") 行に設定するメッセージ受信者の名前。この引数を空白のままにすると、メール メッセージの [CC] 行は空白になります。

BCC

メール メッセージの [BCC] ("ブラインド カーボン コピー") 行に設定するメッセージ受信者の名前。この引数を空白のままにすると、メール メッセージの [BCC] 行は空白になります。

件名

メッセージの件名。このテキストは、メール メッセージの [件名] 行に表示されます。この引数を空白のままにすると、メール メッセージの [件名] 行は空白になります。

メッセージ

データベース オブジェクトに加えてメッセージに追加するテキスト。このテキストは、メール メッセージ本文のオブジェクトの後に表示されます。この引数を空白のままにすると、追加テキストはメール メッセージに含まれません。”Object Type/オブジェクトの種類” 引数と ”Object Name/オブジェクト名” 引数を空白にした場合、この引数を使って、データベース オブジェクトを含まないメール メッセージを送信できます。

メッセージの編集

送信する前にメッセージを編集できるかどうかを指定します。[はい] を選択した場合、メール アプリケーションが自動的に起動され、メッセージを編集できます。[いいえ] を選択すると、メッセージ送信時にユーザーはメッセージを編集できません。既定値は [はい] です。

テンプレート ファイル

HTML ファイルのテンプレートとして使うファイルのパスとファイル名。テンプレート ファイルは、HTML タグを含むファイルです。

解説

メール メッセージ内のオブジェクトは、選択されている出力形式になります。オブジェクトをダブルクリックすると、適切なソフトウェアが開始されて、オブジェクトが開かれます。

”EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信” アクションを使ってデータベース オブジェクトをメール メッセージに含めるときは、次のルールが適用されます。

  • テーブル、クエリ、フォームの各データシートを送信できます。含まれるオブジェクトでは、OLE オブジェクトを含むフィールドを除き、データシートのすべてのフィールドは Access の場合と同じように表示されます。OLE オブジェクトのフィールドの列もオブジェクトに含まれますが、空白になります。

  • はい/いいえ型フィールド (トグル ボタン、オプション ボタン、チェック ボックス) にバインドされたコントロールの場合、出力ファイルには -1 (はい) または 0 (いいえ) の値が出力されます。

  • ハイパーリンク型フィールドにバインドされたテキスト ボックスの場合、MS-DOS テキストを除くすべての出力形式において、ハイパーリンクがファイルに出力されます (MS-DOS テキスト形式の場合、ハイパーリンクは通常のテキストとして出力されます)。

  • フォーム ビューのフォームを送信する場合、含まれるオブジェクトには常にフォームのデータシート ビューが含まれます。

  • レポートを送信する場合、オブジェクトに含まれるコントロールはテキスト ボックスとラベル (一部の場合) だけです。他のすべてのコントロールは無視されます。ヘッダーとフッターの情報も含まれません。このルールに対する唯一の例外は、Excel 形式でレポートを送信する場合であり、Sum 関数を使う式を含むグループ フッターのテキスト ボックスは、オブジェクトに含まれます。ヘッダーまたはフッターのその他のコントロール (および Sum 以外の非集計関数) は、オブジェクトに含まれません。

  • サブレポートはオブジェクトに含まれます。

  • データシート、フォーム、またはデータ アクセス ページを HTML 形式で送信する場合、.html ファイルが 1 つ作成されます。また、レポートを HTML 形式で送信する場合は、レポートのページごとに 1 つの .html ファイルが作成されます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで ”EMailDatabaseObject/データベースオブジェクトの電子メール送信” アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの ”SendObject/オブジェクトの送信” メソッドを使います。

画像

次のリンクは、Luke Chung によって提供されたものです。Luke は、カスタム データベース ソリューションおよび開発者ツールを提供する FMS, Inc. の創設者兼社長です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×