"DefaultValue/既定値" プロパティ

適用対象

CheckBox オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

ComboBox オブジェクト

TextBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

OptionButton オブジェクト

新しいレコードが作成されたときにフィールドに自動的に入力される String 値を指定します。たとえば、[住所] テーブルで、[市区町村] フィールドの既定値を [千代田区] に設定できます。ユーザーがレコードをテーブルに追加するとき、この値をそのまま採用するか、別の都市の名前を入力できます。読み取り/書き込み。

expression.DefaultValue

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

  • DefaultValue プロパティは、オプション グループに入っているチェック ボックス、オプション ボタン、トグル ボタン コントロールに適用されません。ただし、オプション グループ自体には適用されます。

  • DefaultValue プロパティは、データ型が AutoNumber か OLE オブジェクトのフィールドを除き、すべてのテーブル フィールドに適用されます。

DefaultValue プロパティは、新しいレコードが作成されたときにコントロールまたはフィールドに自動的に入力されるテキストまたは式を指定します。たとえば、テキスト ボックス コントロールの DefaultValue プロパティを =Now() に設定した場合、コントロールに現在の日付と時刻が表示されます。DefaultValue プロパティ設定の最大長は 255 文字です。

コントロールの場合、コントロールのプロパティ シートにこのプロパティを設定できます。フィールドについては、テーブルのデザイン ビュー ([フィールド プロパティ] セクション) で、マクロで、あるいは Visual Basic for Applications (VBA) コードを利用することでこのプロパティを設定できます。

VBA コードでは、文字列式を使用してこのプロパティの値を設定します。たとえば、次のコードは PaymentMethod という名前のテキスト ボックス コントロールの DefaultValue プロパティを "Cash" に設定します。

Forms!frmInvoice!PaymentMethod.DefaultValue = """Cash"""

注: VBA コードを利用してフィールドにこのプロパティを設定するには、ADO DefaultValue プロパティまたは DAO DefaultValue プロパティを使用します。

DefaultValue プロパティは、新しいレコードを追加したときにのみ適用されます。DefaultValue プロパティを変更した場合、既存のレコードに変更が自動的に適用されることはありません。

テーブルに DefaultValue プロパティ設定も定義されているフィールドにバインドされているフォーム コントロールに DefaultValue プロパティを設定した場合、コントロール設定によってテーブル設定がオーバライドされます。

フィールド リストからフィールドをドラッグすることでコントロールを作成した場合、テーブルに定義されている、フィールドの DefaultValue プロパティ設定がフォームのコントロールに適用されます。ただし、コントロールの DefaultValue プロパティ設定は空のままです。

1 つのコントロールで別のコントロールの既定値を提供できます。たとえば、次の式にコントロールの DefaultValue プロパティを設定した場合、コントロールの既定値が txtShipTo コントロールの DefaultValue プロパティに設定されます。

=Forms!frmInvoice!txtShipTo

コントロールが同じフォームにある場合、既定値のソースであるコントロールは、式を含むコントロールより先にタブ オーダーに表示される必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×