"DataEntry/データ入力用" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

"DataEntry/データ入力用" プロパティを使用して、連結フォームが、データ入力用にのみ開くかどうかを指定します。"DataEntry/データ入力用" プロパティは、レコードを追加できるかどうかを示さず、既存のレコードが表示されるかどうかのみを示します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

expression.DataEntry

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

"DataEntry/データ入力用" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

Visual Basic

説明

Yes/はい

True

空レコードだけを表示してフォームを開きます。

No/いいえ

False

既存のレコードを表示してフォームを開きます。(既定値)


注: このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、 マクロでは、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使っています。

このプロパティは、どのビューでも設定が可能です。

"DataEntry/データ入力用" プロパティは、"AllowAdditions/追加の許可" プロパティが [Yes/はい] に設定されている場合にのみ有効です。

注: "OpenForm/フォームを開く" アクションの "Data Mode/データ モード" 引数を設定すると、いくつかのフォーム プロパティの設定値が上書きされます。"OpenForm/フォームを開く" アクションの "Data Mode/データ モード" 引数を [Edit/編集] に設定すると、以下のプロパティの設定値を使ってフォームが開かれます。

  • "AllowEdits/更新の許可" - [Yes/はい]

  • "AllowDeletions/削除の許可" - [Yes/はい]

  • "AllowAdditions/追加の許可" - [Yes/はい]

  • "DataEntry/データ入力用" - [No/いいえ]

"OpenForm/フォームを開く" アクションによってプロパティの既存の設定値が上書きされないようにするには、"Data Mode/データ モード" 引数を省略して、フォームに定義されたプロパティの設定値が使われるようにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×