"ControlSource/コントロールソース" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

BoundObjectFrame オブジェクト

ListBox オブジェクト

CheckBox オブジェクト

OptionButton オブジェクト

ComboBox オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

CustomControl オブジェクト

TextBox オブジェクト

GroupLevel オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

コントロール ソース] プロパティを使用するには、 コントロールで表示するデータを指定します。表示して、 テーブル、 クエリ、または SQL ステートメントのフィールドにバインドされているデータを編集できます。式の結果を表示することもできます。読み取り/書き込み文字列です。

expressio n.コントロール ソース

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

設定値

"ControlSource/コントロールソース" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

説明

フィールド名

コントロールはテーブル、クエリ、または SQL ステートメント内のフィールドに連結されます。フィールドのデータは、そのコントロールに表示されます。コントロールのデータを変更すると、フィールドの対応するデータも変更されます (コントロールを値の取得のみ可能にするには、"Locked/編集ロック" プロパティを [Yes/はい] に設定します)。ハイパーリンク型 のフィールドに連結されたコントロールをクリックすると、ハイパーリンクのアドレスで指定されたジャンプ先に進みます。

式で生成されたデータがコントロールに表示されます。このデータは、ユーザーは変更できますが、データベースには保存されません。


コントロールのコントロール ソース] プロパティを設定するには、コントロールのプロパティ シート、 マクロでは、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使っています。

テキスト ボックスの場合は、フォームのデザイン ビューまたはレポートのデザイン ビューでテキスト ボックスにフィールド名、または式を直接入力して、"ControlSource/コントロールソース" プロパティを設定することもできます。

レポートの場合、フィールドを選択、または [グループ化、並べ替え、集計] ウィンドウの [フィールド/式] ポップアップ ウィンドウに式を入力して、このプロパティを設定することもできます。

VBA でこのプロパティの値を設定するには、文字列式を使用します。

解説

レポートのグループ レベルでは、"ControlSource/コントロールソース" プロパティはグループ化するフィールドまたは式を示します。

注: "ControlSource/コントロールソース" プロパティは、オプション グループのチェック ボックス、オプション ボタン、トグル ボタンの各コントロールには適用されません。オプション グループそのものに適用されます。

レポートの場合、"ControlSource/コントロールソース" プロパティは、レポート グループ レベルにのみ適用されます。

フォームとレポートは、データベースに"windows"として機能します。プライマリ フォームまたはレポートのデータ ソースを設定してに指定したそのテーブル、クエリ、または SQL ステートメントをレコード ソース] プロパティ。データ ソース内のフィールドに、または式に、[コントロール ソース] プロパティを設定できます。"コントロール ソース"プロパティの設定に式がある場合、表示される値は読み取り専用データベースに保存されていません。たとえば、次の設定を使用することができます。

Sam ple 設定

説明

氏名

コントロールの場合、[氏名] フィールドのデータが表示されます。レポート グループ レベルの場合、Microsoft Office Access 2007 は氏名でデータをグループ化します。

=Date( ) + 7

コントロールの場合、当日から 7 日後の日付が表示されます。

=DatePart("q",ShippedDate)

コントロールの場合、出荷日が属する四半期が表示されます。レポート グループ レベルの場合、出荷日が属する四半期でデータがグループ化されます。

使用例

次の使用例では、"住所1" というテキスト ボックスの "ControlSource/コントロールソース" プロパティを "都道府県" フィールドに設定します。

Forms!Customers!AddressPart.ControlSource = "City"

次の使用例では、"締切日" というテキスト ボックスの "ControlSource/コントロールソース" プロパティを式 "=Date() + 7" に設定します。

Me!Expected.ControlSource = "=Date() + 7"

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×