“CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ マクロ アクション

“CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ アクションを使用すると、指定した Access ドキュメント タブ、または指定していない場合はアクティブなドキュメント タブを閉じることができます。

注: Access 2010 より、“Close/閉じる“ マクロ アクションは、“CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ に名前が変更されました。

注: ウィンドウを閉じるマクロ アクションは、Access Web App では使用できません。

設定

“CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

オブジェクトの種類

ドキュメント タブを閉じる対象のオブジェクトの種類。[マクロ デザイン] ウィンドウの [アクションの引数] セクションにある [オブジェクトの種類] ボックスで、[テーブル]、[クエリ]、[フォーム]、[レポート]、[マクロ]、[モジュール]、[データ アクセス ページ]、[サーバー ビュー]、[ダイアグラム]、[ストアド プロシージャ] または [関数] をクリックします。アクティブなドキュメント タブを選ぶには、この引数を空白のままにします。

注: Visual Basic エディター でモジュールを閉じる場合は、[オブジェクトの種類] 引数で [モジュール] を使用する必要があります。

オブジェクト名

閉じるオブジェクトの名前。 [オブジェクト名] ボックスには、データベース中に存在するオブジェクトのうちでオブジェクトの種類の引数で選んだ種類のオブジェクトがすべて表示されます。 閉じるオブジェクトをクリックします。 [オブジェクトの種類] 引数を空白のままにした場合は、この引数も空白のままにします。

保存

オブジェクトを閉じるときにオブジェクトの変更を保存するかどうか。 [する] (オブジェクトを保存します)、[しない] (オブジェクトを保存せずに閉じます)、または [確認] (オブジェクトを保存するかどうかをユーザーに確認します) をクリックします。 既定値は [確認] です。

解説

“CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ アクションは、ユーザーが明示的に開いたり閉じたりできるすべてのデータベース オブジェクトに適用されます。このアクションの効果は、オブジェクトを選び、オブジェクトのドキュメント タブを右クリックして、ショートカット メニューの [閉じる] をクリックするか、オブジェクトの [閉じる] ボタンの画像 をクリックしてオブジェクトを閉じるのと同じです。

[保存] 引数が [Prompt] に設定され、閉じるアクションを実行する前にオブジェクトがまだ保存されていない場合、マクロがオブジェクトを閉じる前に、オブジェクトの保存を確認するダイアログ ボックスが表示されます。 メッセージの設定アクションの [メッセージの表示] 引数を [No] に設定した場合、ダイアログ ボックスは表示されず、オブジェクトは自動的に保存されます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで “CloseWindow/ウィンドウを閉じる“ アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの “Close/閉じる“ メソッドを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×