"BackColor/背景色" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

BoundObjectFrame オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

ComboBox オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

FormatCondition オブジェクト

Rectangle オブジェクト

Image オブジェクト

Section オブジェクト

Label オブジェクト

TextBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

BackColorプロパティを使用すると、 controlまたはsectionの内側の色を指定します。読み取り/書き込み長いします。

expression.BackColor

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

設定値

"BackColor/背景色" プロパティの設定値は、コントロールまたはセクションの内部を塗りつぶすために使われる色を示すnumeric expressionです。

このプロパティを設定するには、[色の設定] ダイアログ ボックスを使います。[色の設定] ダイアログ ボックスを表示するには、property sheetのプロパティ ボックスの右側に表示される [...] (ビルド) ボタンをクリックします。[色の設定] ダイアログ ボックスを使うと、コントロールやセクションに対して独自の背景色を定義できます。

For Applications (VBA) コードでは、コントロールのまたはセクションのproperty sheet、 macro、または Visual Basic を使用して、または [フォント] ([デザイン] または [書式] タブのデザイン ビューまたはレイアウト ビューで操作しているかどうかに応じて) の塗りつぶしの色] を使用してこのプロパティを設定することもできます。

Visual Basic for Applications (VBA) コードでは、このプロパティを設定するのに数値式を使用します。このプロパティの設定がデータの種類長いします。

コントロールのdefault control styleまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用して、このプロパティの既定値を設定することができます。

Table オブジェクトについては、[ホーム] タブの [フォント] の [塗りつぶしの色] コマンド、または VBA コードの DatasheetBackColor プロパティを使用してこのプロパティを設定できます。

解説

対象となるオブジェクトに "BackStyle/背景スタイル" プロパティがある場合は、"BackColor/背景色" プロパティを使う前に、"BackStyle/背景スタイル" プロパティを [Normal/普通] に設定しておきます。

使用例

次の使用例では、RGB 関数を使用し、[支払い額] テキスト ボックスの値に応じて、"BorderColor/境界線色"、"BackColor/背景色"、および "ForeColor/前景色" プロパティを設定します。QBColor 関数を使ってこれらのプロパティを設定することもできます。次のコードを Form_Current イベント プロシージャに挿入すると、ユーザーがフォームを開いたり、新しいレコードに移動したりしたときに、直ちにコントロールの表示属性が設定されます。

Sub Form_Current()
Dim curAmntDue As Currency, lngBlack As Long
Dim lngRed As Long, lngYellow As Long, lngWhite As Long
If Not IsNull(Me!txtPastDue.Value) Then
curAmntDue = Me!txtPastDue.Value
Else
Exit Sub
End If
lngRed = RGB(255, 0, 0)
lngBlack = RGB(0, 0, 0)
lngYellow = RGB(255, 255, 0)
lngWhite = RGB(255, 255, 255)
If curAmntDue > 100 Then
Me!txtPastDue.BorderColor = lngRed
Me!txtPastDue.ForeColor = lngRed
Me!txtPastDue.BackColor = lngYellow
Else
Me!txtPastDue.BorderColor = lngBlack
Me!txtPastDue.ForeColor = lngBlack
Me!txtPastDue.BackColor = lngWhite
End If
End Sub

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×