"AutoTab/自動タブ" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

TextBox オブジェクト

"AutoTab/自動タブ" プロパティを使用して、テキスト ボックス コントロールのinput maskの制限で許可されている最後の文字が入力されたときに自動タブを生成するかどうかを指定します。自動タブが生成されると、focusはフォームのtab orderに従って次のcontrolに移動します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

expression.AutoTab

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

設定値

"AutoTab/自動タブ" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

Visual Basic

説明

Yes/はい

True

テキスト ボックスに入力できる最後の文字が入力されたときに、タブを生成します。

No/いいえ

False

テキスト ボックスに入力できる最後の文字が入力されたときに、タブを生成しません。(既定値)


フォームのproperty sheet、 macroでは、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使って、このプロパティを設定することができます。

コントロールのdefault control styleまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用して、このプロパティの既定値を設定することができます。

"AutoTab/自動タブ" プロパティは、Form viewとDatasheet viewのタブの動作に影響を与えます。

解説

コントロールの定型入力を作成するには、"InputMask/定型入力" プロパティを使用します。

フォームの基になるテーブルまたはクエリのフィールドのInputMaskプロパティを設定すると、フィールドにバインドされているテキスト ボックス コントロールの定型入力を作成することもできます。場合は、フィールド リストからフォームにフィールドをドラッグすると、フィールドの定型入力がテキスト ボックス コントロールにより継承されます。

入力される文字数が一定のテキスト ボックスがフォームにある場合、"AutoTab/自動タブ" プロパティを使用します。一定の文字数を入力すると、フォーカスはタブ オーダーに従って自動的に次のコントロールに移動します。たとえば、常に 3 文字を入力しなければならない [社員コード] フィールドに対してこのプロパティを使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×