"AutoResize/サイズ自動修正" プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

完全なレコードが表示されるサイズのフォーム ウィンドウまたはレポート ウィンドウが自動的に開くかどうかを示すブール値を設定または取得します。読み取り/書き込みが可能です。

expression.AutoResize

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

設定

AutoResize プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

Yes

True

(既定) 完全なレコードが表示されるサイズのフォーム ウィンドウまたはレポート ウィンドウが自動的に表示されます。

No

False

フォーム ウィンドウまたはレポート ウィンドウを開くと、最後に保存されたサイズで表示されます。ウィンドウのサイズを保存するには、フォームを開き、ウィンドウのサイズを変更し、[ファイル] メニューの [保存] をクリックし、フォームまたはレポートを閉じてフォームを保存します。次にフォームまたはレポートを開くと、保存されたウィンドウ サイズで表示されます。


このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

解説

Form ウィンドウのサイズはフォーム ビューで開いた場合にのみ変更されます。デザイン ビューまたはデータシート ビューで初めてフォームを開き、フォーム ビューに変更した場合、フォーム ウィンドウのサイズは変更されません。

デザイン ビューで、"AutoResize/サイズ自動修正" プロパティが "No" に設定され、"AutoCenter/自動中央寄せ" プロパティが "Yes" に設定されたフォームに何か変更を加えた場合は、フォーム ビューに切り替えてからフォームを保存します。そうしないと、次にフォームを開いたときに、Microsoft Office Access 2007 で右下にフォームが固定表示されます。

"AutoCenter/自動中央寄せ" プロパティが "No" に設定されている場合、フォーム ウィンドウの左上の位置はフォーム ウィンドウを閉じたときと同じ場所に表示されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×