[AllowFullMenus/すべてのメニューの許可] プロパティ

[AllowFullMenus/すべてのメニューの許可] プロパティを使用すると、アプリケーション データベースを開いたときに Microsoft Office Access 2007 の組み込みのすべてのメニューの使用の許可を指定できます。たとえば、[AllowFullMenus/すべてのメニューの許可] プロパティを使用し、ユーザーにテーブル、フォーム、クエリまたはレポートの構造の変更を許可するメニュー項目を無効にできます。

設定

[AllowFullMenus/すべてのメニューの許可] プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

True (–1)

起動時に、組み込みのすべてのメニューを表示します。

False (0)

起動時に、組み込みのすべてのメニューを表示しません。


このプロパティを最も簡単に設定する方法は、[アプリケーション​​の設定] ダイアログ ボックスの [スタートアップ] タブの [すべてのメニューを表示する] オプションを使用することです。このダイアログ ボックスを表示するには、[ファイル] メニューの [Access オプション] をクリックしてください。このプロパティは、マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用することでも設定できます。

マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードで [AllowFullMenus/すべてのメニューの許可] プロパティを設定するには、最初に [スタートアップ] ダイアログ ボックスで一度プロパティを設定するか、次の方法でプロパティを作成する必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb) で、CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、Database オブジェクトの Properties コレクションにそれを追加できます。

  • Microsoft Access プロジェクト (.adp) で、Add メソッドを使用することで、CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションにそれを追加できます。

解説

このプロパティを False に設定した場合、事前定義されている組み込みの完全なメニューのサブセットがデータベースに表示されます。この一連のメニューには、データベース オブジェクトのデザインの変更をユーザーに許可するメニューとコマンドは含まれていません。

このプロパティを False に設定すると、無効になっているメニュー項目に対応するツールバーのボタンも無効になります。ただし、ショートカット メニューは影響を受けません (ショートカット メニュー コマンドを使用して一部のデザイン機能を変更できます)。ユーザーにショートカット メニューのコマンドへのアクセスを許可したくない場合、[AllowShortcutMenus/ショートカット メニューの許可] プロパティは False に設定します。

このプロパティの設定は、次回データベースを開くときまで有効になりません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×