"AllowEdits/更新の許可" プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

"AllowEdits/更新の許可" プロパティを使用して、ユーザーがフォームを使って保存されたレコードを編集できるかどうかを指定します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

expression.AllowEdits

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

設定値

"AllowEdits/更新の許可" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

Visual Basic

説明

Yes/はい

True

ユーザーは、保存されたレコードを編集できます。(既定値)

No/いいえ

False

ユーザーは、保存されたレコードを編集できません。


このプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、 マクロでは、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使っています。

解説

"AllowEdits/更新の許可" プロパティを使うと、フォームに表示される既存のデータを変更されないようにすることができます。特定のコントロールのデータを変更されないようにするには、"Enabled/使用可能" または "Locked/編集ロック" プロパティを使います。

既存のレコードが変更されないようにする (フォームを参照のみ可能にする) には、"AllowAdditions/追加の許可"、"AllowDeletions/削除の許可"、および "AllowEdits/更新の許可" の各プロパティを [No/いいえ] に設定します。また、"RecordsetType/レコードセット" プロパティを [Snapshot/スナップショット] に設定しても、レコードを参照のみ可能にすることができます。

フィールド値をプログラムで変更すると、"AllowEdits/更新の許可" プロパティの設定にかかわらず、レコードが編集可能になります。"AllowEdits/更新の許可" が [No/いいえ] に設定されているレコードをプログラムで変更する場合、そのレコードをユーザーが変更できないようにするには、プログラムでの変更を行った後にレコードを保存してください。変更が保存された後、"AllowEdits/更新の許可" プロパティの設定が再び有効になります。

注: "OpenForm/フォームを開く" アクションの "Data Mode/データ モード" 引数を設定すると、いくつかのフォーム プロパティの設定値が上書きされます。"OpenForm/フォームを開く" アクションの "Data Mode/データ モード" 引数を [Edit/編集] に設定すると、以下のプロパティの設定値を使ってフォームが開かれます。

  • "AllowEdits/更新の許可" - [Yes/はい]

  • "AllowDeletions/削除の許可" - [Yes/はい]

  • "AllowAdditions/追加の許可" - [Yes/はい]

  • "DataEntry/データ入力用" - [No/いいえ]

"OpenForm/フォームを開く" アクションによってプロパティの既存の設定値が上書きされないようにするには、"Data Mode/データ モード" 引数を省略して、フォームに定義されたプロパティの設定値が使われるようにします。

使用例

次の例では、フォーム上のすべてのコントロールのコントロールの種類のプロパティについて説明します。各ラベルとテキスト ボックス コントロールの手順は、これらのコントロールの場合は、[ SpecialEffectプロパティを切り替えます。ラベル コントロールのSpecialEffectプロパティシャドウに設定してテキスト ボックス コントロールのSpecialEffectプロパティが標準と、許可追加を行ってフォームプロパティはすべてをTrueに設定、、 intCanEdit変数が、基になるデータの編集を許可する切り替えられます。

Sub ToggleControl(frm As Form)
Dim ctl As Control
Dim intI As Integer, intCanEdit As Integer
Const conTransparent = 0
Const conWhite = 16777215
For Each ctl in frm.Controls
With ctl
Select Case .ControlType
Case acLabel
If .SpecialEffect = acEffectShadow Then
.SpecialEffect = acEffectNormal
.BorderStyle = conTransparent
intCanEdit = True
Else
.SpecialEffect = acEffectShadow
intCanEdit = False
End If
Case acTextBox
If .SpecialEffect = acEffectNormal Then
.SpecialEffect = acEffectSunken
.BackColor = conWhite
Else
.SpecialEffect = acEffectNormal
.BackColor = frm.Detail.BackColor
End If
End Select
End With
Next ctl
If intCanEdit = IFalse Then
With frm
.AllowAdditions = False
.AllowDeletions = False
.AllowEdits = False
End With
Else
With frm
.AllowAdditions = True
.AllowDeletions = True
.AllowEdits = True
End With
End If
End Sub

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×