[2 要素制約] および [OR 制約] 図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2 要素制約 ( [2 要素制約] 図形アイコン ) は、2 つのクラスや 2 つの関連など、2 つの要素に適用されます。この制約は、ある要素から別の要素への破線矢印として表され、ブレース ({  }) 内に制約文字列のラベルが表示されます。

OR 制約 ( OR 制約の図形アイコン ) は、クラスの任意のインスタンスが同時に 1 つの関連に対してのみ関与できることを表します。この制約は 2 つ以上の関連を接続する破線として表され、これらの関連は 1 つのクラスを共有している必要があります。破線では、ブレース ({  }) 内に制約文字列 OR が表示されます。

要素制約図形または OR 制約図形を指定してステレオタイプや他のプロパティの値を追加する

図形をダブルクリックします。

2 要素制約または OR 制約図形にステレオタイプを追加する

ステレオタイプを追加する図形をダブルクリックします。

2 要素制約図形または OR 制約図形のステレオタイプを非表示にする

図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックし、[ステレオタイプ] をオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×