1 行おきまたは 1 列おきに色を設定する

1 行おきまたは 1 列おきに色を付けると (色の縞模様とも呼ばれます)、ワークシートのデータをスキャンしやすくなります。1 行おきまたは 1 列おきの表示形式を変更するには、事前に設定されたテーブル形式を適用すると簡単です。この方法では、行や列を追加すると、1 行おきまたは 1 列おきに網かけが自動的に適用されます。

1 行おきに適用する色を持つテーブル

これを行うには、次の操作を実行します。

  1. 表示形式を変更するセルの範囲を選びます。

  2. [ホーム]、[テーブルとして書式設定] の順にクリックします。

  3. 1 行おきの網かけが含まれているテーブル スタイルを選びます。

  4. 網かけを行から列に変更するには、テーブルを選んで、[デザイン] をクリックし、[縞模様 (行)] チェック ボックスをオフにして、[縞模様 (列)] チェック ボックスをオンにします。

    [表ツール] の [デザイン] タブの [縞模様 (列)] ボックス

ヒント:  テーブルの機能なしに縞模様のテーブル スタイルだけを保持する場合は、テーブルをデータ範囲に変換します。行や列を追加しても、色の縞模様は自動的に設定されませんが、[書式のコピー/貼り付け] を使用して、1 行おきの色の表示形式を新しい行にコピーできます。

条件付き書式を使って縞模様の行や列を適用する

条件付き書式ルールを使って、特定の行や列に別の表示形式を適用することもできます。

条件付き書式のルールで色が 1 行/1 列おきに適用されているデータ範囲

これを行うには、次の操作を実行します。

  1. ワークシート上で次のいずれかの操作を行います。

    • 特定の範囲のセルに網かけを適用するには、書式を設定するセルを選択します。

    • ワークシート全体に網かけを適用するには、[すべて選択] をクリックします。

      ワークシートのすべて選択ボタン

  2. [ホーム]、[条件付き書式]、[新しいルール] の順にクリックします。

    条件付き書式、[新しいルール] ダイアログ ボックス

  3. [ルールの種類を選んでください] ボックスで、[数式を使用して、書式設定するセルを決定] をクリックします。

  4. 1 行おきに色を適用するには、[次の数式を満たす場合に値を書式設定] ボックスに、「=MOD(ROW(),2)=0」という数式を入力します。

    1 列おきに色を適用するには、「=MOD(COLUMN(),2)=0」という数式を入力します。

    これらの数式は、行または列が偶数番目と奇数番目のどちらであるのかを判断し、それに応じて色を適用します。

  5. [書式設定] をクリックします。

  6. [セルの書式設定] ボックスの [塗りつぶし] をクリックします。

  7. 色を選んで、[OK] をクリックします。

  8. [サンプル] でプレビューを表示してから、[OK] をクリックするか、別の色を選びます。

    ヒント: 

    • 条件付き書式ルールを編集するには、ルールを適用したセルの 1 つをクリックして、[ホーム]、[条件付き書式]、[ルールの管理]、[ルールの編集] の順にクリックしてから、変更します。

    • セルの条件付き書式をクリアにするには、セルを選んで、[ホーム]、[クリア] の順にクリックし、[書式のクリア] を選びます。

      [書式のクリア] オプション

    • 条件付き書式を別のセルにコピーするには、ルールを適用したセルの 1 つをクリックして、[ホーム]、[書式のコピー/貼り付け] [書式のコピー/貼り付け] ボタン の順にクリックしてから、表示形式を変更するセルをクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×