[音声の詳細オプション]

[音声の詳細オプション] ダイアログ ボックスを使用して、エンタープライズ VoIP のサービスの品質 (QoS) とセキュリティを設定します。

[サービスの品質]

このプールのサービスの品質を構成するために、音声の QoS および 802.1p 通話で使用する設定を変更できます。

[通話の QoS 値]

ネットワーク層 IP ベースのパケット ルーティングを実行するルーターで音声パケットに高い優先順位を割り当てるには、その値を入力します。既定値は 40 です。最善のサービス品質を保つため、既定値を変更しないことをお勧めします。

[802.1p 通話]

ローカル エリア ネットワーク (LAN) セグメント内でデータ リンク層のスイッチングを実行するノードで音声パケットに高い優先順位を割り当てるには、その値を入力します。既定値は 0 です。最善のサービス品質を保つため、既定値を変更しないことをお勧めします。

[SIP セキュリティ]

この設定を使用して、Office Communications Server 2007 R2 に接続している Office Communicator Phone Edition デバイスに適切なトランスポート要件および認証要件を実装します。

[SIP セキュリティ モード]

このプール内の Office Communicator Phone Edition デバイスで使用するセキュリティ モードを指定します。セキュリティ上の理由から既定値は [] です。

  • Office Communicator Phone Edition デバイスの接続に、任意のトランスポートおよび任意の認証方法 (基本認証やダイジェスト認証を含む) も使用できるようにするには、セキュリティ モードとしてドロップダウン リスト ボックスの [] をクリックします。

  • 任意のトランスポートを有効にするが、NTLM 認証または Kerberos 認証を必須とする場合は、セキュリティ モードとしてドロップダウン リスト ボックスの [] をクリックします。

  • トランスポート層セキュリティ (TLS) 接続と、NTLM 認証か Kerberos 認証を必須とする場合は、セキュリティ モードとしてドロップダウン リスト ボックスの [] をクリックします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エンタープライズ VoIP として最低限の品質を確保するため、使用する IP ネットワークでは、パケット損失、遅延、ジッター、および帯域幅が許容範囲内に収まるようにする必要があります。特に音声通信では、パケット損失および遅延の許容範囲が小さく、データ転送時よりも多くの帯域幅を必要とします。[通話の QoS 値] 設定と [802.1p 通話] 設定は連携して機能します。次に示すように、指定された設定に基づいて IP ネットワークが音声パケットに最高の優先順位を割り当てるようにします。

  • QoS 値により、ネットワーク層 IP ベースのパケット ルーティングを行うルーターで、音声パケットにより高い優先順位を割り当てられるようになります。既定値の 40 は IETF の DSCP (Differential Service Code Point) を表します。DSCP はパケットのマーキングに使用され、ルーターはマークされたパケットを基に、トラフィックのクラスに応じて、音声をホップごとに適切に振り分けられるようになります。最善のサービス品質を保つには、既定値を使用する必要があります。

  • 802.1p 標準により、LAN セグメント内でデータ リンク層のスイッチングを行うノードで、音声パケットにより高い優先順位を割り当てることができます。既定値の 5 で、音声パケットに高い優先順位を割り当てるようになっています。最善のサービス品質を保つには、既定値を使用する必要があります。

セッション開始プロトコル (SIP) のセキュリティ設定は、Office Communications Server 2007 R2 に接続している Office Communicator Phone Edition デバイスに適切なトランスポート要件および認証要件を指定するために使用します。ポリシー設定を構成しない場合、IP 電話はどのトランスポートも使用できますが、TLS 認証を使用せずにサーバーがユーザー認証を行う場合は、NTLM 認証か Kerberos 認証のいずれかを電話で使用する必要があります。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×