[電話] オプションを設定する

[Lync - オプション] の [電話] ウィンドウを使って、Lync で使う任意の電話の設定をセットアップまたは変更します。

電話番号を追加または変更する

電話番号を連絡先カードに追加すると、自分が席をはずしているときや、電話を使って連絡したいという人がいる場合、他の人からの連絡を受けることができます。電話番号は連絡先カードに表示され、自分とのプライバシー関係に基づいて、Lync 連絡先に表示されます。

  1. [電話番号] の下のボックスをクリックして、追加または変更する番号の種類を選び、番号を入力します。数字 0123456789 のみを使用し、かっこまたはハイフンは使用しません。国際番号を追加するときは、+ 記号を入力し、国コード、国内番号の順に入力します。

  2. この番号が連絡先に表示されるようにするには、[連絡先カードに含める] チェック ボックスをオンにします。

番号は次のように表示されます。

  • [勤務先] は、外部連絡先や禁止された連絡先を除くすべての連絡先に対して表示されます。

    注: 組織によっては、勤務先の電話番号に対して [連絡先カードに含める] チェック ボックスをオフにすることを許可していない場合があります。

  • [携帯電話] は [ワークグループ] および [友人および家族] のみに表示されます。

  • [自宅] は [友人および家族] のみに表示されます。

  • [その他] は [友人および家族] のみに表示されます。このオプションを使って、一時的なオフィスや予備の携帯電話などの他の番号を追加または変更します。

ヒント: どの連絡先にこれらの関係が設定されているかを表示するには、連絡先リストの [関係] タブを選択します。連絡先は、ここでプライバシー関係別にグループ化されています。連絡先との関係を変更するには、連絡先リストを右クリックし、[プライバシー関係の変更] をクリックします。詳細については、「Lync の自分のプレゼンス情報へのアクセスを制御する」を参照してください。

TTY デバイスを使う

テキスト電話 (TTY) モードは電話回線経由の文字通信に使用されます。変更された音声を解釈するには、TTY デバイスをコンピューターに接続しておく必要があります。そうしておかないと、通話の音声品質が低下することがあります。電話会議で TTY モードを使う場合にも、音声品質の問題が発生することがあります。

TTY モードは既定でオフになっています。この機能をオンにするには、次の操作を実行します。

  1. TTY デバイスをコンピューターに接続します。

  2. [電話のアクセシビリティ]で、[TTY モードをオンにする] をクリックします。

  3. Lync をサインアウトしてから再びサインインします。

Lync 会議オプションを設定する

すべての Lync 会議で同じ音声を使うことも、参加するたびにオプションを表示するように Lync を設定することもできます。後者は、会議や参加する場所に応じて別の音声接続を使う必要がある場合に便利です。

  1. [電話会議への参加] で、[次を使って音声会議に参加する] の横にあるドロップダウン メニューをクリックし、次のいずれかの操作を実行します。

  2. 会議にコンピューターの音声とビデオを使用するには (コンピューターのマイクとスピーカー、またはヘッドセットを使用)、[Lync] を選択します。

  3. Lync から連絡を受けるには、連絡を受ける電話番号をクリックします。番号が表示されていない場合は、ウィンドウの最上部にある [電話番号] の下に番号を入力します。

  4. 会議にコールインするには、会議出席依頼にコールイン番号が含まれる場合は、[音声を使用しない] を選択し、会議に参加してから、電話を使用してコールインします。

  5. (オプション) さまざまな場所やデバイスから参加し、参加するたびに会議への接続方法を選ぶ必要がある場合は、[会議に参加する前に、どのオーディオ デバイスを使用するかを確認する] チェック ボックスをオンにします。

注:  アカウントにダイヤルイン会議が設定されている場合のみ、Lync からの電話を受ける (さらに、コールインの詳細を含め、Lync 会議をセットアップする) ことができます。 詳細については、それぞれの職場のテクニカル サポートにお問い合わせください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×