スキップしてメイン コンテンツへ

[達成率] フィールド

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[達成率] フィールドには、タスクの現在の進捗状況 (完了済みのタスク期間の割合) がパーセント表示で示されます。 達成率を入力する、または実際の日数期間に基づいて自動的に計算されることができます。

[達成率] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型    パーセンテージ

[達成率] (タスク フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    タスクを最初に作成したとき、達成率は 0% です。 実績期間、残存期間、または実績作業時間 (これに基づいて、実績期間が計算されます) を入力すると、達成率は次の計算式で算出されます。

達成率 = (実績期間/期間) * 100

実績開始日を入力していない場合、[達成率] フィールドに 0 より大きい値が設定されていると、[実績開始日] フィールドに現行の開始日が表示されます。 [達成率] フィールドに「100」を入力すると、[実績終了日] フィールドに現行の終了日が表示されます。

[達成率] フィールドに数値を入力すると、実績期間と残存期間が自動的に計算されます。 同様に、[実績期間] または [残存期間] フィールドに数値を入力すると、残りのフィールドの数値が自動的に再計算されます。

使用のポイント    タスクの達成率を表示、フィルターで抽出、または編集する場合は、タスク シートに [達成率] フィールドを挿入します。

使用例    「企画書作成」のタスクに、10 日間の期間が予定されているとします。 割り当てられたリソースは、5 日間の作業を行いました。 タスクの達成率として 50% が自動的に計算されます。

また、「クライアントとの会議」のタスクに 3 日間の期間を見積もります。 割り当てられたリソースから、そのタスクが完了したと報告がありました。 [達成率] フィールドに、「100」を入力します。 [実績期間] フィールドは 3 日に変わり、[実績終了日] フィールドは現行の終了日に変わります。

解説    既定では、タスクの達成率の値を変更すると、実績作業時間の値も変更されます。 同様に、実績作業時間を変更すると、タスクの達成率も変更されます。 この既定の設定を変更し、相互の関係なく、パーセントの達成率と実績作業時間をProject のオプション] ダイアログ ボックスがあることがことができます。

状況報告日までの期間、またはこれまでのタスクの実績期間の終了までの期間について、合計達成率の変更を制御できます。 Project のオプション] ダイアログ ボックスで、これを行うことができます。

達成率を入力するとプロジェクトは、現在の状況報告日実績と、残存作業時間を調整する可能性があります。 つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。 行うことも、プロジェクトのオプション] ダイアログ ボックスでします。

[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、今日の日付以外の日付を状況報告日を設定できます。

達成率は、現在までに完了したタスクの期間の割合を示します。 それに対し、作業時間の達成率は、現在までにそのタスクに費やした作業時間の割合を示します。

[達成率] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    タスクを最初に作成したとき、タイムスケール領域に表示される達成率は 0% です。 実績期間、残存期間、または実績作業時間 (これに基づいて、実績期間が計算されます) を入力すると、達成率は次の計算式で算出されます。

達成率 = (実績期間/期間) * 100

このタスクの達成率の合計が、現在までに完了したタスクの期間にわたって時間経過に沿って配分されます。

使用のポイント    一定期間におけるタスクの達成率を表示または編集する場合は、[タスク配分状況] ビューの時間配分に [達成率] フィールドを挿入します。 タスク全体に対する達成率は、[タスク配分状況] ビューやその他のタスク シート ビューの、タイムスケール領域の [達成率] フィールドに表示されます。

使用例    「企画書作成」のタスクに、10 日間の期間が予定されているとします。 割り当てられたリソースは、5 日間の作業を行いました。 タイム スケール領域の [タスク配分状況] ビューの達成率] フィールドを追加してについてをこのタスクは、10% が 50% の合計 5 日の各セルに表示されます。 「顧客連絡ミーティング」タスクの 2 日間の期間を受けたとします。 割り当てられたリソースから、そのタスクが完了したと報告がありました。 達成率] フィールドで、[タスク配分状況] ビューのタイム スケール] では、それぞれの 2 つのセルに50を入力します。

解説    状況報告日までの期間、またはこれまでのタスクの実績期間の終了までの期間について、合計達成率の編集を制御できます。 Project のオプション] ダイアログ ボックスで、これを行うことができます。

達成率を入力するとプロジェクトは、現在の状況報告日実績と、残存作業時間を調整する可能性があります。 つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。 行うことも、プロジェクトのオプション] ダイアログ ボックスでします。

[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、今日の日付以外の日付を状況報告日を設定できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×