[警告を無視] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

手動スケジュール タスクとの間でスケジュール上の矛盾の可能性が検出されると、警告が生成され、問題のあるデータが含まれるフィールドに赤で下線が引かれます。[警告を無視] フィールドは、ユーザーがスケジュール上の矛盾の警告マークを非表示にすることを選択したかどうかを示します。

データ型    はい/いいえフィールド

エントリの種類   入力済み

計算方法    テキスト

使用のポイント    手動でスケジュールされたタスクの警告マークの表示と非表示をすばやく切り替えるには、[警告を無視] フィールドをタスク シートに追加します。既定では、[警告を無視] フィールドは [いいえ] に設定されています。このフィールドを使用して [いいえ] から [はい] に簡単に変更できます。同様に、非表示にした警告マークを表示するには、このフィールドを [はい] から [いいえ] に変更します。並べ替え、グループ化、またはフィルターを使用すると、[はい] のエントリをまとめて表示できます。

使用例    新しいプロジェクトの大枠の作成を開始し、手動でスケジュールされたタスクに現時点での大まかなスケジュール情報を入力したところ、スケジュール上の矛盾を示すマークがいくつか表示されました。今はまだ矛盾を解決できないので、マークを非表示にすることにし、ガント チャート ビューのテーブル部分に [警告を無視] フィールドを追加します。警告が表示されている各タスクに対して、[いいえ] を [はい] に変更します。

解説    [タスクの詳細情報] ウィンドウで、警告を表示しないように指定することもできます。

[Project のオプション] ダイアログ ボックスで、すべての警告マークおよび状況説明マークの表示と非表示を切り替えることができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×