[詳細な電話統合構成] オプションを設定する

[詳細な電話統合構成] オプションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織がこのオプションを有効にしている場合、UC (ユニファイド コミュニケーション) に対応していない電話を Skype for Business に統合できます。つまり、そのような電話の一部の機能を Skype for Business で制御できるということです。 たとえば、卓上電話に Skype for Business からワンクリックで発信できます。

UC 認定の電話機を使用することをお勧めします。 2 つの異なる電話システム間でビデオ通話を発信することはできません。 詳細については、「Phones and Devices for Skype for Business」をご覧ください。

システムを自動的に設定するには、[自動構成の使用] をクリックして、Skype for Business によって電話統合を構成します。

電話統合を手動で設定するには、次の操作を行います。

  1. [詳細設定] をクリックします。

  2. [手動構成の指定] をクリックします。

  3. [リモート通話コントロール URI (sip)] で、エージェントに提供される通話サービスの管理を行っている、コンピューターと電話の統合サーバーの URI (Uniform Resource Identifier) を入力します。リモート通話コントロールの URI がわからない場合は、サポート チームにお問い合わせください。

    URI は、SIP (Session Initiation Protocol) アドレスの形式です。このリモート通話コントロールの URI は、次の例のような形式です。sip:+13165551465@SEATTLE-LCSCTI-02.corp.contoso.com

  4. [電話 URI (tel)] で、管理対象の電話の URI を入力します。電話の URI がわからない場合は、サポート チームにお問い合わせください。

    電話 Uri のいくつかの標準的な形式があります。詳細については、次を参照してください。"RFC: 3966 の電話番号の電話 uri" https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc3966.txtの対象とします。 電話 URI は次のようになります: tel: +14255550146; 拡張 = 51459 します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×