複数のテーブルを使ってピボットテーブルを作成する

複数のテーブルを使ってピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルは、データの分析やレポートに最適です。データに関連性がある場合 (つまり、別々のテーブルに保管され、共通の値を基準としてまとめることができる場合)、次のようなピボットテーブルを数分で作成することができます。

複数のテーブルを含むピボット テーブル

このピボットテーブルの何が違うか見てみましょう。右のフィールド リストには複数のテーブルが表示されています。各テーブルに含まれているフィールドを組み合わせて 1 つのピボットテーブルを作成すると、さまざまな切り口でデータを分析することができます。手動の書式設定やデータの事前準備は必要ありません。そのデータをインポートするだけで、関連テーブルに基づいてピボットテーブルを即座に作成することができます。

ピボットテーブルのフィールド リストに複数のテーブルを表示するには:

  • Microsoft SQL ServerOracle、 Microsoft Accessなどのリレーショナル データベースからインポートします。同時に複数のテーブルをインポートすることができます。

  • テキスト ファイル、データ フィード、Excel ワークシート データなどの他のデータ ソースから複数のテーブルをインポートします。これらのテーブルを Excel のデータ モデルに追加して、それらの間のリレーションシップを作成し、データ モデルを使用してピボットテーブルを作成できます。

次に SQL Server データベースから複数のテーブルをインポートする方法を説明します。

  1. サーバー名、データベース名、および SQL Server に接続するときに使用する資格情報を確認します。必要な情報は、データベース管理者にお問い合わせください。

  2. [データ]、[外部データの取り込み]、[その他のデータ ソース]、[SQL Server] の順にクリックします。

  3. [サーバー名] に、SQL Server を実行しているコンピューターのネットワーク コンピューター名を入力します。

  4. 本人として接続するには、[ログイン時の証明] で [Windows 認証を使用する] をクリックします。それ以外の場合は、データベース管理者にユーザー名とパスワードをお問い合わせください。

  5. Enter キーを押し、[データベースとテーブルの選択] で必要なデータベースを選択し、[複数のテーブルの選択を使用可能にする] をオンにします。

    複数のテーブル] チェック ボックスを選択できるようにします。

  6. 使用するテーブルがわかっている場合は、それらを手動で選択します。または、テーブルを 1 つか 2 つ選択し、[関連テーブルの選択] をクリックします。こうすると、選択したテーブルと関連するテーブルが自動的に選択されます。

  7. [選択したテーブル間のリレーションシップのインポート] チェックボックスをオンにしておくと、Excel のブックに同等のテーブル リレーションシップが再作成されます。

  8. [完了] をクリックします。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、[ピボットテーブル レポート] 選択します。

    [インポート オプション] ダイアログ ボックス

  10. [OK] をクリックすると、インポートが開始され、フィールド リストに追加されます。

フィールド リストに複数のテーブルが含まれていることを確認します。インポート時に選択したテーブルがすべて表示されます。各テーブルのフィールドの表示と非表示を切り替えることができます。テーブルが関連付けられている場合は、任意のテーブルのフィールドを []、[]、または [] 領域にドラッグすることでピボットテーブルを作成することができます。

ピボット テーブル フィールド リスト

  • 数値フィールドを [] 領域にドラッグします。たとえば、ペンギン社のサンプル データベースを使用する場合は、[SalesAmount] を [FactInternetSales] テーブルからドラッグします。

  • 売上を日付別または地域別に分析するには、日付フィールドまたは地域フィールドを [] または [] 領域にそれぞれドラッグします。

  • 場合によっては、ピボットテーブルで使用する前に、2 つのテーブル間でリレーションシップを作成する必要があります。 リレーションシップが必要であることを示すメッセージが表示された場合は、[作成] をクリックして作成します。

    リレーションシップが必要な場合に [作成] ボタンが表示される

    他の種類のデータベースを操作している場合

他のソースからテーブルをインポートする

SQL Server に加えて、他のいくつかのリレーショナル データベースからもテーブルをインポートできます。

ピボットテーブルのフィールド リストで複数のテーブルを使って作業する際のデータ ソースは、リレーショナル データベースだけではありません。ブック内のテーブルを使うことも、データ フィードをインポートし、ブック内で他の表形式データと統合して使うこともできます。このような関連性のないデータをすべて組み合わせて使うには、各テーブルをデータ モデルに追加してから、フィールド値の一致を使って、テーブル間のリレーションシップを作成します。

データ モデルを使って新しいピボットテーブルを作成する

データ モデル内でテーブル間のリレーションシップを作成し、データを分析で使う準備が整っているとします。この場合に、ブックのデータ モデルを使って新しいピボットテーブルまたはピボットチャートを作成する方法をご紹介します。

  1. ワークシートで、セルをクリックします。

  2. [挿入]、[ピボットテーブル] の順にクリックします。

    [挿入] タブの [ピボットテーブル] ボタン

  3. [ピボットテーブルの作成 ] ダイアログ ボックスで、[分析するデータを選んでください。] の下にある [外部データ ソースを使用] をクリックします。

    選択されている外部データ ソースを使用してピボット テーブル] ダイアログ ボックスを作成します。

  4. [接続の選択] をクリックします。

  5. [テーブル] タブの [このブックのデータ モデル] で、[ブックのデータ モデルのテーブル] を選びます。
    データ モデルのテーブル

  6. [開く] をクリックし、[OK] をクリックして、データ モデルのすべてのテーブルを含むフィールド リストを表示します。

ピボットテーブルとデータ モデルの詳細

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×