[表示] タブ

[表示] タブでは、[標準]/[マスター ページ] および [1 ページ]/[見開き 2 ページ] のビューの切り替えを行うことができます。また、境界線、ガイド、ルーラーなどのレイアウト ツールの表示/非表示、文書の表示サイズの拡大/縮小、開いている Publisher ウィンドウの管理などを行うこともできます。

Publisher 2010 の [ビュー]、[レイアウト]、[表示]、[ズーム]、[ウィンドウ] のグループが表示されている [ビュー] タブ

内容

[ビュー]

[レイアウト]

[表示]

[境界線]

[ガイド]

[フィールド]

[ルーラー]

[ページの移動]

[スクラッチ領域]

[グラフィックス マネージャー]

[ベースライン]

[ズーム]

[100%]

[ページ全体]

[ズーム]

[ページ幅を基準に表示]

[選択箇所の拡大表示]

[ウィンドウ]

[整列]

[重ねて表示]

[ウィンドウの切り替え]

[ビュー]

[ビュー] では、文書のビューを [標準] と [マスター ページ] の間ですばやく切り替えることができます。

Publisher 2010 で作業ページまたはマスター ページを表示する

既定では、[標準] ビューが選択されます。これは文書ページのビューで、文書を作成する作業の大半はこのビューで行われます。[マスター ページ] ビューでは、文書内の複数のページで繰り返し使用する要素を含むページが表示されます。そのような共通の要素にマスター ページを使用することにより、文書の外観の一貫性を高めることができます。複数のページがある文書では、複数のマスター ページを作成して、文書のデザインに多様性を持たせることができます。複数のマスター ページを作成することにより、文書内の任意のページに適用することができる各種のレイアウトを用意できます。

ヒント:  [標準] ビューと [マスター ページ] ビューは、Ctrl + M キーを押して切り替えることもできます。

[レイアウト]

[レイアウト] では、文書のビューを [1 ページ] と [見開き 2 ページ] の間で切り替えることができます。

Publisher 2010 の [表示] タブの [レイアウト] グループ

既定のビューは [1 ページ] で、ワークスペースと [ページの移動] ウィンドウの両方でページが 1 ページずつ表示されます。見開き 2 ページとは、本、小冊子、ニュースレター、グリーティング カードのようにページをとじたり、折りたたんだりするプロジェクトで、前後の 2 ページを示す印刷方式です。多くの場合、見開き 2 ページのページ レイアウトは左右対称になっています。[見開き 2 ページ] では、ワークスペースと [ページの移動] ウィンドウの両方でページが 2 ページずつ表示されます (3 ページ以上の文書の場合)。

ページの先頭へ

[表示]

[表示] では、文書のワークスペースに表示するレイアウト支援コントロール (ルーラー、レイアウト ガイド、ページの移動など) を選択できます。各レイアウト支援コントロールの表示/非表示を切り替えるには、対応するチェック ボックスをオンまたはオフにします。

Publisher 2010 文書でさまざまなレイアウト要素を表示する

[境界線]

図形、図、テキスト ボックスなどのオブジェクトの境界線の表示/非表示を切り替えます。これらの境界線は、ページのレイアウトでオブジェクトが専有するスペースを示すためのもので、文書の印刷には含まれません。

[ガイド]

レイアウト ガイドの表示/非表示を切り替えます。ガイドは、ページ上のオブジェクトを揃えるのに役立ちます。詳細については、「レイアウト ガイドを使用してページをレイアウトする」を参照してください。

[フィールド]

挿入されたフィールド (勤務先情報フィールド、カタログ データの差し込みフィールドなど) をページ上で識別できるようにします。このチェック ボックスをオンにすると、フィールド オブジェクトに淡い灰色の破線の下線が表示されます。

Publisher 2010 文書でフィールドを表示する

[ルーラー]

ワークスペースの左端と上端に水平ルーラーと垂直ルーラーを表示するかどうかを制御します。

注:  右から左に記述する言語を使用している場合は、垂直ルーラーがワークスペースの右端に表示されます。

[ページの移動]

ワークスペースの左側に表示される [ページの移動] ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。

注:  右から左に記述する言語を使用している場合は、[ページの移動] ウィンドウがワークスペースの右側に表示されます。

[スクラッチ領域]

オブジェクトをページの外側に移動すると、そのオブジェクトはスクラッチ領域に配置されます。スクラッチ領域を使用すると、複数のオブジェクトを、ページのレイアウト中にすぐに使用できるようにしておくことができます。スクラッチ領域のすべてのオブジェクトを表示するには、[スクラッチ領域] チェック ボックスをオンにします。スクラッチ領域のオブジェクトを非表示にしてページを見やすくするには、[スクラッチ領域] チェック ボックスをオフにします。一部のみがページ上にあるオブジェクトは、スクラッチ領域にある部分が表示されなくなります。

[グラフィックス マネージャー]

[グラフィックス マネージャー] 作業ウィンドウを使用すると、文書に挿入したすべての図 (埋め込みの図、リンクされた図など) を効率的に管理できます。詳細については、「グラフィックス マネージャの作業ウィンドウで図を管理する」を参照してください。

[ベースライン]

ベースライン ガイドを使用すると、複数の段にわたってテキストの行を正確に揃えることができます。このチェック ボックスでは、文書にベースライン ガイドを表示するかどうかを選択できます。詳細については、「レイアウト ガイドを使用してページをレイアウトする」を参照してください。

ページの先頭へ

[ズーム]

[ズーム] には、ページの表示サイズを制御するためのツールが含まれています。表示を拡大して細部を見やすくしたり、縮小して全体を見やすくしたりすることができます。

Publisher 2010 で文書の表示をズームする

[100%]

このボタンをクリックすると、選択したページ (1 ページまたは見開き 2 ページ) の表示が実際のサイズ (100%) に戻されます。

[ページ全体]

ページ (1 ページまたは見開き 2 ページ) 全体がウィンドウに収まるようにページの表示倍率が設定されます。

[ズーム]

正確な表示倍率を選択できます。プルダウン メニューでオプションを選択するか、倍率を入力して Enter キーを押します。

[ページ幅を基準に表示]

ページの幅がウィンドウに収まるようにページの表示倍率が設定されます。ページがウィンドウの上下にはみ出る可能性があります。

[選択箇所の拡大表示]

このオプションは、オブジェクト (テキスト ボックス、図など) を 1 つ以上選択すると使用できるようになります。このボタンをクリックすると、選択したオブジェクトがウィンドウいっぱいに表示されるようにページの表示倍率が設定されます。別の表示倍率に戻すには、[ズーム] の他のいずれかのオプションを選択します。

[ウィンドウ]

[ウィンドウ] では、複数の Publisher ウィンドウを一度に管理できます。

さまざまな Publisher 2010 ウィンドウを表示する

[整列]

このボタンをクリックすると、現在開いている Publisher ウィンドウのサイズと位置が変更されて、ウィンドウが並べて表示されます。

[重ねて表示]

開いているすべての Publisher ウィンドウのサイズと位置が変更されて、ウィンドウが左上から右下に向かって重ねて表示されます。

[ウィンドウの切り替え]

開いているすべての Publisher ウィンドウがプルダウン メニューに表示され、移動する先のウィンドウを選択できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×