スキップしてメイン コンテンツへ

[表示] タブ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[表示] タブを使用すると、標準またはマスター ページ1 つのページまたは見開き 2 ページのビューを切り替えることができます。 これは、タブを制御境界、ガイド、ルーラー、およびその他のレイアウト ツール] が表示されている文書のビューのサイズを拡大縮小はも Publisher のウィンドウの管理を使用して開く。

Publisher 2010 の [ビュー]、[レイアウト]、[表示]、[ズーム]、[ウィンドウ] のグループが表示されている [ビュー] タブ

ビュー

[表示] グループでは、標準または文書のマスター ページビューをすばやく切り替えるに機能を提供します。

Publisher 2010 で作業ページまたはマスター ページを表示する

既定では、標準ビューがオンにします。 これは、文書のページとほとんどの文書の作成の作業を行うのビューです。 マスター ページのビューでは、文書内の複数のページで繰り返し使用する要素が含まれるページを表示します。 これらの一般的な要素をマスター ページを使うと、文書に統一感のあるを指定できます。 1 つ以上のページを設定するパブリケーションより柔軟なデザインの複数のマスター ページを作成できます。 複数のマスター ページは、さまざまな文書内のページに適用できるレイアウトを提供します。

ヒント: Ctrl キーを押しながら Mキーを押してマスター ページの表示との間で移動することもできます。

レイアウト

[レイアウト] グループでは、文書の1 つのページまたは見開き 2 ページの表示を切り替える場所です。

Publisher 2010 の [表示] タブの [レイアウト] グループ

1 つのページでは、既定のビューし、ワークスペースとページのナビゲーションウィンドウの両方で、各ページを個別に表示します。 見開き 2 ページとは、本、小冊子、ニュースレター、グリーティング カードのように、とじたり、折りたたんだりするプロジェクトで、前後の 2 ページを示す印刷方式です。 多くの場合、2 ページ スプレッドのページのレイアウトでは、別のいずれかのミラー化します。 見開き 2 ページが表示されます 2 つのサイドバイ サイド インストール ページ ワークスペースとページのナビゲーションウィンドウの両方で、文書に 3 つ以上のページが設定されている場合。

表示

[表示] グループを選択すること、ルーラー、レイアウト ガイド] ページの移動など、文書のワークスペースでレイアウト アシスタンスのコントロールを表示します。 表示レイアウト アシスタンスのコントロールのまたはを選ぶと、そのチェック ボックスを選択解除するを非表示にします。

Publisher 2010 文書でさまざまなレイアウト要素を表示する

境界

このオプションを選択では、表示または、図形、図、またはテキスト ボックスなどのオブジェクトの境界を非表示にします。 文書を印刷する] ページで、オブジェクトが移動できる領域を表示することによって、ページ レイアウトを支援する場合、これらの境界は表示されません。

ガイド

このチェック ボックスを表示または文書内で、[レイアウト ガイドを非表示します。 ガイドを使用して、ページ上のオブジェクトを配置できます。 詳細については、構造レイアウト ガイドを使用してページを参照してください。

フィールド

勤務先情報またはカタログの差し込み印刷フィールドなど、フィールドを挿入するページ上のオブジェクトは、このオプションが表示されます。 このチェック ボックスが選択されているときに、フィールドのオブジェクトはわずかな灰色の破線で下線付き。

Publisher 2010 文書でフィールドを表示する

ルーラー

ワークスペースの左端と上端の端を水平方向および垂直方向のルーラーを表示するかどうかを制御します。

注:  右から左の言語を使用している場合、水平ルーラーはワークスペースの右端になります。

ページの移動

このオプションを選択はワークスペースの左側にページのナビゲーション ウィンドウを表示または非表示にします。

注:  右から左の言語を使用している場合、ページのナビゲーション ウィンドウはワークスペースの右側になります。

スクラッチ領域

ページのオブジェクトを移動する場合はスクラッチ領域内のユーザー。 スクラッチ領域を使用すると、いくつかのオブジェクトとして、ページ レイアウトをすぐに利用できます。 スクラッチ領域には、すべてのオブジェクトを表示、スクラッチ領域のオプションをオンにします。 スクラッチ領域にあるオブジェクトを非表示にすると、クリーンなページを表示、スクラッチ領域のオプションをオフにします。 スクラッチ領域の一部が表示されないようにクリップ部分的に、ページ上にあるオブジェクトが表示されます。

[グラフィックス マネージャー

[グラフィックス マネージャー ] 作業ウィンドウでは、埋め込まれた画像やリンクされた図など、文書に挿入したすべての写真を効率よく管理できます。 詳細については、 [グラフィックス マネージャー] 作業ウィンドウで管理する画像を参照してください。

基準計画

ベースライン ガイドを使用すると、複数の段にテキスト行を正確に配置します。 このオプションを選択、表示と非表示の文書でベースライン ガイドします。 詳細については、構造レイアウト ガイドを使用してページを参照してください。

ズーム

[ズーム] グループには、サイズ、ページが表示で表示されるためよりと、一部を拡大して詳細を操作するか、縮小して全体のサイズよりページを参照してくださいを制御するためのいくつかのツールが含まれています。

Publisher 2010 で文書の表示をズームする

100%

このボタンをクリックすると、選択したページまたは [実際のサイズを 100% に見開き 2 ページの表示が返されます。

ページ全体

[表示] ウィンドウで、ページ全体または見開き 2 ページに収まるように、このボタンは、ページを拡大します。

ズーム

この選択ボックスを使用してズーム レベルを正確に選択することができます。 プルダウン メニューの [オプション] から選択いずれかのパーセンテージを入力してENTERキーを押し、します。

ページの幅

[表示] ウィンドウの幅が収まるように、このボタンは、ページを拡大します。 ページの高さには、上と下の [表示] ウィンドウが拡張されている場合があります。

選択したオブジェクト

テキスト ボックスや図など、1 つまたは複数のオブジェクトを選択すると、このオプションが有効になります。 このボタンをクリックすると、選択したオブジェクトは、[表示] ウィンドウを入力できるようにのページを拡大/縮小されます。 別のズームズーム] グループで、その他のオプションを 1 つだけ選択に戻ります。

ウィンドウ

このグループを使用して、一度に複数の Publisher のウィンドウを管理できます。

さまざまな Publisher 2010 ウィンドウを表示する

ウィンドウの整列します。

このボタンをクリックすると、サイズを変更して、現在開いている Publisher のウィンドウに移動できるようにするために並べてします。

重ねて表示

このオプションは、すべてを開く、Publisher のウィンドウ サイズを変更して、windows が左から右下に伝播ようにを移動します。

ウィンドウの切り替え

すべて Publisher のウィンドウを開くし、使用するを選択し、それらのウィンドウのいずれかにジャンプするのにはこのドロップダウン リストが表示されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×