[総余裕期間] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   期間

入力の種類    計算結果

説明    [総余裕期間] フィールドには、プロジェクトの終了日を遅らせずにタスクの終了日を延期できる期間が表示されます。

計算方法    総余裕期間は、タスクの [最早開始日]、[最早終了日]、[最遅開始日]、[最遅終了日] の各フィールドの日付を比較し、後続タスクの日付も考慮に入れて計算されます。総余裕期間は、[最遅終了日] フィールドから [最早終了日] フィールドを引いた値と、[最遅開始日] フィールドから [最早開始日] フィールドを引いた値のいずれか小さい方の値になります。

使用のポイント    [総余裕期間] フィールドを使用して、タスクを延期できる余裕があるかどうかを判断します。このフィールドは、リソースがタスクを終了するために予定よりも長い時間を必要とする場合や、他のタスクにリソースを割り当てる場合などにも便利です。[総余裕期間] フィールドを使用して、予定よりも遅れているスケジュールを立て直す方法を決めることもできます。

使用例    プロジェクトにタスクを追加してはどうかという提案を経営陣から受けたとします。そこで、スケジュールを見直して、新しいタスクを実施する余裕があるかどうかを確認します。この場合は、タスク シートに [総余裕期間] フィールドを追加し、スケジュールに余裕期間があることを示す正の数値を探します。

解説    総余裕期間は正または負の数値で表示されます。プロジェクトの終了日を遅らせずにタスクを延期できる期間がある場合は、総余裕期間が正の数値になります。プロジェクトを予定どおりに終了するために作業期間を短縮する必要がある場合は、負の数値になります。負の余裕期間は、タスクに予定した期間が不十分であることを示しており、通常は制約の指定日が原因と考えられます。

総余裕期間は、リンクの種類に応じて異なる場合があります。たとえば、タスクの依存関係に [開始-開始] を指定している場合、先行タスクの進捗状況の入力時に総余裕期間が変化することがあります。これは、先行タスクの進捗状況が入力された時点で後続タスクの開始日が設定され、この開始日に基づいて総余裕期間が計算されるためです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×