[累積コスト] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[累積コスト] フィールドには、タスク、リソース、または割り当てに関する現在までの時間配分のコストが累積して表示されます。

[累積コスト] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   通貨

[累積コスト] (タイム スケール領域のタスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    タスクの [累積コスト] フィールドは、タスクに割り当てられているすべてのリソースが実際に作業した時間に対して発生したコスト、およびタスクの残存作業時間に対して予定されているコストに基づきます。このフィールドの値は、各期間のタスクの [コスト] フィールドの値を、前の期間の値に足して累積していくことにより算出されます。累積コストは、前の期間の累積コストと現在の期間の予定コストを合計した値です。

使用のポイント    進捗状況に応じて実績コストと残存コストを組み合わせたタスクの現在の総コストを表示する場合は、[タスク配分状況] ビューのタイムスケール領域に [累積コスト] フィールドを追加します。

使用例    1 時間あたりの標準単価が ¥2,000 のリソースを割り当てると、合計 10 時間かかるタスクがあるとします。タスクの開始日の累積コストは ¥0 です。期間ごとに現行コストが直前のコストと合計されます。累積コストは 1 時間後には ¥2,000 になります。2 時間後には ¥4,000 になります。3 時間後には、¥6,000 になります。このように累積コストは合計されていきます。

[累積コスト] (タイム スケール領域のリソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    リソースの [累積コスト] フィールドは、タスクに割り当てられているリソースが実際に作業した時間に対して発生したコスト、およびすべての割り当ての残存作業時間に対して予定されているコストに基づきます。このフィールドの値は、各期間のリソースの [コスト] フィールドの値を、前の期間の値に足して累積していくことにより算出されます。累積コストは、前の期間の累積コストと現在の期間の予定コストを合計した値です。

使用のポイント    進捗状況に応じて実績コストと残存コストを組み合わせたリソースの現在の総コストを表示する場合は、[リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に [累積コスト] フィールドを追加します。

使用例    1 時間あたりの単価が ¥2,000 のリソースのコストを管理しているとします。このリソースには、プロジェクトの全期間にわたって 15 種類のタスクが割り当てられています。[累積コスト] フィールドを使用して、いつでもこのリソースの現在までの総コストを調べることができます。このコストには、割り当てたすべてのタスクの実績コストと残存コストが含まれます。期間ごとに現行コストが直前のコストと合計されます。累積コストは 1 時間後には ¥2,000 になります。2 時間後には ¥4,000 になります。3 時間後には、¥6,000 になります。このように累積コストは合計されていきます。

[累積コスト] (タイム スケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    割り当ての [累積コスト] フィールドは、割り当てに対して実際に作業した時間に発生したコスト、および割り当ての残存作業時間に対して予定されているコストに基づきます。このフィールドの値は、各期間の割り当ての [コスト] フィールドの値を、前の期間の値に足して累積していくことにより算出されます。累積コストは、前の期間の累積コストと現在の期間の予定コストを合計した値です。

使用のポイント    進捗状況に応じて実績コストと残存コストを組み合わせた割り当ての現在の総コストを表示する場合は、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に [累積コスト] フィールドを追加します。

使用例    1 時間あたりの単価が ¥2,000 のリソースで 10 時間かかる割り当てがあるとします。割り当ての開始日の累積コストは ¥0 です。期間ごとに現行コストが直前のコストと合計されます。累積コストは 1 時間後には ¥2,000 になります。2 時間後には ¥4,000 になります。3 時間後には、¥6,000 になります。このように累積コストは合計されていきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×