[系列] のオプション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

グラフ内のデータ系列またはデータ ポイントの表示を変更するには、以下のオプションを使用します。

重要: グラフの種類によって、使用可能な系列のオプションは異なります。

[項目軸ラベル]    このオプションは既定で選択され、データ系列の項目軸ラベルを表示します。項目軸ラベルを非表示にする場合は、このチェック ボックスをオフにします。このオプションは、レーダー チャートでのみ使用可能です。

[系列の分割]    補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフの補助グラフに表示される要素を制御します。系列は、位置、値、値のパーセンテージ、またはユーザー設定のプロットで分割できます。このオプションは補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフでのみ使用可能です。

[補助プロットに含む値の個数] または [補助プロットに次の値未満を含む]    補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフの補助グラフに表示される値の個数を制御します。このオプションは補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフでのみ使用可能です。

  • 位置の場合、このオプションは [補助プロットに含む値の個数] に変更され、[] ボックスで要素の個数を指定できます。

  • 値の場合、このオプションは [補助プロットに次の値未満をすべて含む] に変更され、値を指定できます。

  • 値のパーセンテージの場合、このオプションは [補助プロットに次の値未満をすべて含む] に変更され、パーセンテージを指定できます。

  • ユーザー設定のプロットの場合、補助グラフで表示するデータ要素を選択することができます。

    [要素のプロット先]    補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフで選択されたデータ要素のプロット エリアを制御します。リスト ボックスの [主要プロット] または [補助プロット] をクリックして、選択したデータ要素の移動先を指定することができます。このオプションは補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフでのみ使用可能です。

グラフの基線位置

[回転なしから 360 度回転]    選択したデータ系列を回転させます。スライダのつまみを目的の回転度数まで動かすか、0 ~ 360 度の数値を入力します。既定の設定は 0 度です。このオプションは、円グラフまたはドーナツ グラフでのみ使用可能です。

[円グラフの切り離し]    データ系列の選択したデータ要素と円グラフの中心の間の間隔を制御します。スライダのつまみを目的の切り離しのパーセンテージまで動かすか、テキスト ボックスに 0 ~ 400 のパーセンテージを入力します。既定の設定は 0% です。このオプションは、円グラフでのみ使用可能です。円グラフの要素が選択されている場合、このオプション名は [要素の切り出し] に変わります。

[ドーナツ グラフの切り離し]    選択したデータ系列またはデータ要素と、ドーナツ グラフの中心の間の間隔を制御します。スライダのつまみを目的の切り離しのパーセンテージまで動かすか、テキスト ボックスに 0 ~ 400 のパーセンテージを指定します。既定の設定は 0% です。このオプションは、ドーナツ グラフでのみ使用可能です。ドーナツ グラフの要素が選択されている場合、このオプション名は [要素の切り出し] に変わります。

[ドーナツの穴の大きさ]    ドーナツの穴の大きさを制御します。スライダのつまみを目的のドーナツの穴の大きさのパーセンテージまで動かすか、テキスト ボックスに 10 ~ 90 のパーセンテージを入力します。既定の設定は 50% です。このオプションは、ドーナツ グラフでのみ使用可能です。

[補助プロットのサイズ]    補助グラフのサイズを制御します。スライダのつまみを目的のパーセンテージまで動かすか、テキスト ボックスに 5 ~ 200 のパーセンテージを指定します。既定の設定は 5% です。このオプションは補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフでのみ使用可能です。

系列の重なり

[離す] から [重ねる]    各項目に対して表示されるデータ系列の個々のデータ要素の間の間隔を制御します。スライダのつまみを目的の分離または重複のパーセンテージまで動かすか、分離または重複のパーセンテージを [パーセンテージ] ボックスに入力します。データ要素を離すには負のパーセンテージを使用し、データ要素を重ねるには正のパーセンテージを使用します。既定の設定は 0% です。

要素の奥行き

[なし] から []    各項目に対して表示されるデータ要素の集団の間の間隔を決定します。スライダのつまみを目的の間隔のパーセンテージまで動かすか、[要素の間隔] ボックスに 0 ~ 500 のパーセンテージを入力します。既定の設定は 150% です。このオプションは、3-D グラフでのみ使用可能です。

要素の間隔

[なし] から []    各項目に対して表示されるデータ要素の集団の間の間隔を決定します。スライダのつまみを目的の間隔のパーセンテージまで動かすか、[要素の間隔] ボックスに 0 ~ 500 のパーセンテージを入力します。既定の設定は 150% です。

使用する軸

[主軸 (下/左側)]    このオプションは既定で選択され、選択したデータ系列を主縦 (数値) 軸に表示します。

[第 2 軸 (上/右側)]    選択したデータ系列を第 2 縦 (数値) 軸に表示し、最初のデータ系列を第 2 軸にプロットするときに、この軸をグラフに追加します。1 つ以上のデータ系列を第 2 軸にプロットできます。

注: 主軸にはデータを残さずに、すべてのデータ系列を第 2 軸に移動した場合、第 2 軸が主軸に変換されます。

サイズの表示

[バブルの面積]    既定で選択され、各バブルの面積全体が、バブルの大きさを決定するために使用されるデータを表します。たとえば、このオプションはデータが平方フィートなどの計測値を表す場合に便利です。このオプションは、バブル チャートでのみ使用可能です。

[バブルの幅]    各バブルの幅または直径が、バブルの大きさを決定するために使用されるデータを表します。これは比較を目的とする場合に便利です。このオプションは、バブル チャートでのみ使用可能です。

[バブル サイズを標準サイズの]    テキスト ボックスに入力した 0 ~ 300 のパーセンテージにより、データ系列のバブル サイズを調整します。このパーセンテージが大きくなるほど、バブルは大きくなります。 このオプションは、バブル チャートでのみ使用可能です。

[負のバブルを表示する]    既定では、データ系列全体に負のバブル サイズが含まれる場合、その系列は表示されません。グラフで負のバブルを表示するには、[負のバブルを表示する] チェック ボックスをオンにします。このオプションは、バブル チャートでのみ使用可能です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×