[状態] 図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ステートチャートまたはアクティビティ図では、state UML 状態図形アイコン は、オブジェクトが条件を満たしているか、アクションを実行するか、またはイベントを待機する条件です。state は、オブジェクトの属性に存在する値と、そのオブジェクトが他のオブジェクトとのリンクを反映したオブジェクトの有効期間内の瞬時の画像です。

状態には、オプションの情報を入力するための2つの区画があります。上の区画には名前が含まれており、一番下の区画には、イベントに応答して実行された内部アクションまたはアクティビティのリストが含まれています。状態が進行中のアクティビティに対応している場合、そのアクティビティは入れ子になったコンピューターの状態として表されます。または、入力と終了のいずれかの操作を行います。

State 図形に名前を付け、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビューの要素を表すアイコン、または図の要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント

図形を右クリックし、[図形表示オプション] をクリックして、図の図形に表示されるプロパティ値を制御します。[ UML 図形表示オプション] ダイアログボックスで、[オプション] を選び、プロパティ値を表示または非表示にします。

[状態] 図形に名前が表示されるかどうかを制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、名前を表示するには名前を選択するか、名前を非表示にするには [name] をオフにします。

状態図形の内部移行区画を表示する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[切り替え] チェックボックスをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×