[無効] (リソース フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   はい/いいえ

入力の種類    計算結果

説明    エンタープライズ リソースは削除できません。その代わりに、管理特権のあるユーザーがエンタープライズ リソースを無効にすることはできます。[無効] フィールドは、エンタープライズ リソースが無効であるか有効であるかを示します。

計算方法    無効のエンタープライズ リソースがプロジェクト ポートフォリオから要求されると、[無効] フィールドは [はい] に設定されます。要求されたエンタープライズ リソースが有効であれば、このフィールドは [いいえ] に設定されます。

使用のポイント    無効なリソースを確認またはフィルターするときに、[無効] フィールドをリソース ビューに追加します。これは、現在プロジェクトでタスクが割り当てられているリソースが無効になったかどうかを確認するときに便利です。

使用例    先日、チームの 3 人のリソースが会社の別の部門に転属となり、プロジェクトで使用できなくなりました。そして、この 3 人のエンタープライズ リソース共有元における状況が人事部管理者によって変更されました。その場合、[無効] フィールドを [リソース シート] ビューに追加し、値が [はい] の [無効] フィールドをフィルターします。次に、この 3 人の割り当てを確認し、この 3 人を有効なリソースに置き換えます。

解説    無効であることを示す状況説明マークが、無効なリソースの名前の横にあるシート ビューに表示されます。無効なリソースは、プロジェクト チームに新しいメンバーとして追加できません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×