[比較] オプションを使用して文書の相違点を比較します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このオプションでは、2 つの文書が比較され、文書間で変更された部分だけが表示されます。比較対象の文書は変更されません。この種類の比較結果は、既定では別の新しい文書として表示されます。

多数の校閲者からの変更を比較する必要がある場合は、このオプションは使用しないでください。代わりに、[複数の編集者による変更を 1 つの文書に組み込みます。] をクリックします。

  1. 比較する文書を開きます。

  2. [校閲] タブの [比較] グループで、[比較] をクリックします。

    o14 ribbon

  3. [文書の 2 つの版を比較します (比較結果を保存)] をクリックします。

  4. [元の文書] で、元の文書として使用する文書を指定します。

  5. [変更された文書] で、比較する別の文書を参照します。

  6. [オプション] をクリックし、文書内で比較する箇所についてオプションを選択します。[変更箇所の表示] で、文字または単語レベルの変更を表示するかどうかを選択します。

    新しい別の文書に変更を表示しない場合は、どちらの文書に変更を表示するかを選択します。

    重要: [オプション] で選択したオプションは、次回文書を比較するときの既定のオプションになります。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 比較する文書のどちらかに変更履歴が含まれている場合は、メッセージ ボックスが表示されます。変更を反映して文書を比較する場合は、[はい] をクリックします。

  9. 新しい文書が表示され、元の文書内の変更履歴は反映され、変更された文書に加えられた変更だけが変更履歴として表示されます。

    比較対象の文書自体は変更されません。

参照

表示して、文書を並べて比較します。

文書を比較して、変更を反映します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×