[残存実績タスク] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[残存実績タスク] フィールドは、実際の合計数を示しています。を完了するための残存サブタスクをサマリー タスク特定の日にします。プロジェクトのサマリー タスクが表示されたら、[残存実績タスク] フィールドは実際のタスクとプロジェクト全体の特定の日に完了するための残存サブタスクの合計数を示します。

データ型   数値

入力の種類   計算

計算方法    サマリー タスクを初めて作成したときには、タスクの [残存実績タスク] フィールドにサブタスクの合計数が表示されます。 [達成率] フィールドまたは [作業時間の達成率] フィールドでサブタスクの 1 つに 100% 完了のマークを付けると、そのサブタスクがサマリー タスクのサブタスクの合計数から減算され、[残存実績タスク] フィールドに結果が表示されます。

また、[実績作業時間] フィールドをサブタスクの [作業時間] フィールドと等しい値に変更した場合も、同じ処理が行われます。サマリー タスク下のサブタスクの合計数からサブタスクが減算され、[残存実績タスク] フィールドに結果が表示されます。

プロジェクトのサマリー タスクを初めて表示したときには、[残存実績タスク] フィールドに、プロジェクト全体のタスクとサブタスクの合計数が表示されます。 [達成率] フィールドまたは [作業時間の達成率] フィールドでタスクまたはサブタスクの 1 つに 100% 完了のマークを付けると、そのタスクとサブタスクがプロジェクト全体のタスクとサブタスクの合計数から減算され、[残存実績タスク] フィールドに結果が表示されます。

また、[実績作業時間] フィールドをタスクまたはサブタスクの [作業時間] フィールドと等しい値に変更した場合も、そのタスクとサブタスクがプロジェクト全体のタスクとサブタスクの合計数から減算され、[残存実績タスク] フィールドに結果が表示されます。注: この計算には、サブタスクと通常のタスクは含まれますが、実際のサマリー タスク (サブタスクが含まれているタスク) は含まれません。

使用のポイント    1 つ以上のサブタスクを含むサマリー タスクを作成します。サマリー タスクの中で指定された日に完了していない実際のサブタスク残存数を表示するには、[残存実績タスク] フィールドを [タスク配分状況] ビューの時間配分 に追加します。

使用例    「企画書作成」サマリー タスクに、3 つのサブタスク「書き込み」、「編集」、「変更」があります。「書き込み」サブタスクは 1 日目に実行されるようにスケジュールされています。「編集」サブタスクは 2 日目に実行されるようにスケジュールされています。「変更」は 3 日目に実行されるようにスケジュールされています。

「書き込み」サブタスクに 100% 完了のマークを付けます。 これにより、1 日目のサマリー タスクの [残存実績タスク] フィールドは 2 になります。他の 2 つのサブタスクはまだ 100% 完了ではありません。そのため、2 日目と 3 日目のサマリー タスクの [残存実績タスク] フィールドは 2 のままになります。

解説

  • [残存実績タスク] フィールドでサブタスクまたはタスクが減算されるのは、[達成率] フィールドまたは [作業時間の達成率] フィールドに「100%」と入力した場合です。また、[作業時間] フィールドより小さい実際の作業値を入力すると、サブタスクまたはタスクは減算されません。

  • サブタスクが完了するまで、または [作業時間] フィールドと等しい実際の作業数がサブタスクに割り当てられるまで、サブタスクは常に 1 と表示されます。

  • [Project のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブで、プロジェクトのサマリー タスクをオンにすることができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×