[残存作業時間] フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[残存作業時間] フィールドには、1 人あたりの作業時間や作業日数など、タスクまたはタスクのセットを完了するために必要な時間が表示されます。

[残存作業時間] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   期間

残存作業時間] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    最初にタスクを作成し、作業時間が報告されていないとき、[残存作業時間] フィールドの値は、このタスクの [作業時間] フィールドと同じです。タスクの実績作業時間が報告されると、残存作業時間は次の計算式で算出されます。

残存作業時間 = 作業時間 - 実績作業時間

使用のポイント    残存作業時間の情報を編集、表示、またはフィルターで抽出するには、タスク ビューに [残存作業時間] フィールドを挿入します。タスクを完了するために必要な作業時間を延長または短縮する場合は、タスクの [残存作業時間] フィールドを編集します。残存作業時間を編集すると、[達成率] フィールドの値も変更されます。

使用例    「企画書作成」のタスクに、40 時間の期間が予定されているとします。このタスクを割り当てたリソースから、タスクを完了するにはさらに 8 時間の作業時間が必要だという報告を受けました。この場合は、[タスク シート] ビューに [残存作業時間] フィールドを挿入し、該当のタスクの残存作業時間を 8 時間延長するようにフィールドを編集します。

解説    [残存作業時間] フィールドに値を入力すると、入力した残存作業時間が割り当てた各リソースに配分されます。

達成率または実績作業時間の合計を入力すると、状況報告日に合わせて残存作業時間のスケジュールが変更される場合があります。必要に応じて、プロジェクト内でこれらの進捗管理フィールドを元のスケジュールのままにしておくことが可能です。つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。この操作は、[Project のオプション] ダイアログ ボックスで行うことができます。

[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、状況報告日を今日以外の日付に設定できます。

残存作業時間] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    リソースの残存作業時間は、リソースのすべての割り当てにおける残存作業時間の合計です。

使用のポイント    リソースの残存作業時間の情報を表示またはフィルターで抽出するには、リソース シートに [残存作業時間] フィールドを挿入します。

使用例    あるプロジェクトで、小林さんは超過作業が続き、山口さんは作業時間が少ないとします。配分状況が不均等かどうかを分析し、割り当てをバランスのとれた状態に変更します。この 2 人のリソースの残りの配分状況を比較するには、[リソース シート] ビューに [残存作業時間] フィールドを挿入します。

残存作業時間] (割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    最初に割り当てを作成し、作業時間が報告されていないとき、[残存作業時間] フィールドの値は、この割り当ての [作業時間] フィールドと同じです。この割り当ての実績作業時間が報告されると、残存作業時間は次の計算式で算出されます。

残存作業時間 = 作業時間 - 実績作業時間

使用のポイント    残存作業時間の情報を編集、表示、またはフィルターで抽出するには、[タスク配分状況] または [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に [残存作業時間] フィールドを挿入します。タスクを完了するために必要な作業時間を延長または短縮する場合は、割り当ての [残存作業時間] フィールドを編集します。

使用例    山口さんに割り当てた「企画書の作成」タスクで、40 時間の作業時間が予定されているとします。山口さんから、タスクを完了するにはさらに 8 時間の作業時間が必要だという報告を受けました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [残存作業時間] フィールドを挿入し、該当の割り当ての残存作業時間を 8 時間延長するようにフィールドを編集します。

解説    達成率または実績作業時間の合計を入力すると、状況報告日に合わせて残存作業時間のスケジュールが変更される場合があります。必要に応じて、プロジェクト内でこれらの進捗管理フィールドを元のスケジュールのままにしておくことが可能です。つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。この操作は、[Project のオプション] ダイアログ ボックスで行うことができます。

[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、状況報告日を今日以外の日付に設定できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×