[残存作業の優先] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型    はい/いいえ

エントリの種類    入力済み

説明    [残存作業の優先] フィールドは、タスクのスケジュールを設定するのに、残存作業時間を優先するスケジュールを使用するかどうかを示します。残存作業が優先される場合、タスクの総作業時間は、割り当てられるリソースの数に関係なく一定になります。新しいリソースが割り当てられると、タスクの残存作業は、新しく割り当てられたリソースに配分されます。

使用のポイント    タスクの残存作業が優先されるようにするか、リソース数によってタスクの作業時間が変動するようにするかをタスク シートで設定するときに、タスク シートに [残存作業の優先] フィールドを挿入します。タスクに割り当てるリソースの数に関係なく同じ期間でスケジュールを設定する場合は、[残存作業の優先] フィールドで [いいえ] をクリックします。割り当てるリソースの利用可能な時期や数および残存作業に応じて期間を変更するには、このフィールドで [はい] をクリックします。

使用例    一組の設計図を作成するタスクがあり、1 人の設計者が行った場合、4 週間で完了するとします。タスクの残存作業が優先されるため 4 人の設計者をタスクに割り当てた場合、タスクは 1 週間で完了するように再スケジュールされます。このような場合は、[残存作業の優先] フィールドで [はい] をクリックします。

その後、クライアント側での図面の評価の期間に 1 週間を設定します。図面を評価する顧客の人数にかかわらず 1 週間のスケジュールを設定するので、[残存作業の優先] フィールドで [いいえ] をクリックします。

解説    [タスク情報] ダイアログ ボックスで、タスクの残存作業を優先するかどうかを設定できます。

また、[Project のオプション] ダイアログ ボックスで、新しく作成するすべてのタスクの既定値として設定することもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×