[残存コスト] フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[残存コスト] フィールドには、残存作業を完了するために発生する残りの予定費用が表示されます。

[残存コスト] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   通貨

[残存コスト] (タスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    最初にタスクを作成したとき、[残存コスト] フィールドの値は、[コスト] フィールドと同じです。割り当てたリソースがタスクで作業を開始し、実績作業時間を報告すると、残存コストは次の計算式で算出されます。

残存コスト = (残存作業時間 * 標準単価) + 残存超過コスト

使用のポイント    今後、タスクに費やす金額を表示するには、タスク シートに [残存コスト] フィールドを挿入します。

使用例    「見積もり作成」のタスクで、小林さんと青木さんにそれぞれ 5 時間の作業時間が割り当てられているとします。この 2 人の標準単価はどちらも 1 時間あたり ¥2,000 です。タスクの開始日の残存コストは ¥20,000 です。リソースが 2 時間の実績作業時間 (¥4,000) を報告すると、残存作業時間は 8 時間で、残存コストは ¥16,000 になります。

[残存コスト] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    最初にリソースを割り当てたとき、[残存コスト] フィールドの値は、[コスト] フィールドと同じです。リソースがタスクの実績作業時間を報告すると、残存コストは次の計算式で算出されます。

残存コスト = (残存作業時間 * 標準単価) + 残存超過コスト

使用のポイント    今後、リソースに費やす金額を表示するには、リソース シートに [残存コスト] フィールドを挿入します。これは、すべての割り当てタスクに対して割り当てられた、リソースのすべての作業に適用されます。

使用例    1 時間あたりの単価が \2,000 のリソースのコストを管理しているとします。このリソースは、プロジェクトの全期間にわたってさまざまなタスクに割り当てられており、合計 100 時間になります。リソースが実績作業時間を報告する前は、リソースに割り当てたすべてのタスクの残存コストは ¥200,000 です。リソースが、あるタスクで 3 時間、別のタスクで 7 時間の作業を行い、10 時間の実績作業時間 (¥20,000 の実績コスト) を報告したとします。残存コストは ¥200,000 から ¥180,000 に変更されます。

[残存コスト] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    最初に割り当てを作成したとき、[残存コスト] フィールドの値は、[コスト] フィールドと同じです。リソースが割り当てられた作業を開始し、実績作業時間を報告すると、残存コストは次の計算式で算出されます。

残存コスト = (残存作業時間 * 標準単価) + 残存超過コスト

使用のポイント    今後、割り当てに費やす金額を表示するには、[タスク配分状況] または [リソース配分状況] 表示の時間配分に [残存コスト] フィールドを挿入します。

使用例    1 時間あたりの単価が ¥2,000 のリソースで 10 時間かかる割り当てがあるとします。割り当ての開始日の残存コストは ¥20,000 です。リソースが 2 時間の実績作業時間 (¥4,000) を報告すると、残存作業時間は 8 時間で、残存コストは ¥16,000 になります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×